주요 기사 바로가기

【コラム】尹大統領、悔しくても戦いは中断しなければならない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.03 14:39
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領はとても悔しい心情にちがいない。米国のバイデン大統領と会ったあとに会場から出てきてふと漏らした私談の一言が歴訪外交をまるごと飲み込む「卑俗語波紋」になるとは夢にも思わなかっただろう。MBC(文化放送)の報道とは違い、大統領は「バイデン」に言及した記憶がない。

1999年6月金大中(キム・デジュン)大統領も同じような状況に追い詰められた。難題だった日米中露の4強外交の仕上げだったロシアでエリツィン大統領と首脳会談を終えて帰国した。国民の歓呼を期待したが、「高級服ロビー」事件で謝罪する羽目になった。最初は「魔女狩り」と言って非難したが、朴智元(パク・ジウォン)文化部長官の執拗な説得に退いた。野党の総攻勢で国会聴聞会と特検まで経たが、結論は「失敗したロビー」だった。新たに明らかになったのはアンドレ・キムの故郷が「旧把撥(クパバル)」であり、実名が「金鳳男(キム・ボンナム)」という事実だった。

だが、民心はロビーかどうかを離れて通貨危機の渦中に高官と財閥の夫人が江南(カンナム)高級ブティック店を行き来した事実に対して怒った。金大統領は自分とは無関係のことで悔しがったが、民心に降参して最悪の危機を克服した。大衆とともに呼吸する政治は、職業政治家の算術にも簡単に捕獲されない神秘の生物だ。

尹大統領を苦境に陥れた卑俗語波紋の出発点は本人の発言だ。動かしがたい事実だ。したがって関係者が問題解決の気持ちを持って謝罪してこそ解決する。「前部(この××)は大統領も非常に混乱を感じるようだ」〔金大棋(キム・デギ)大統領秘書室長〕としながら血走った野党やメディアに勝つことができるだろうか。事実、民心は発言の実体より「私は間違ってない」というような態度に腹を立てている。バイデン大統領もFOX(フォックス)ニュース記者に「まぬけな×××(What a stupid son of bitch)」と言ったが、1時間後に電話で謝ったため「なかったこと」になった。大統領が退いた後、野党が攻撃すれば逆風が吹くだろう。

共に民主党はすでに常軌を逸した。ハプニングにすぎない卑俗語発言に食い下がり、朴振(パク・ジン)外交部長官の国会解任建議案を無理やり通過させ、「外交惨事・うそ対策委員会」まで作った。事実、外交惨事は文在寅(ムン・ジェイン)政権のときに最も多かった。国賓訪問した中国で大統領が主に「一人飯」を食べる冷遇を受けた。チェコを訪問したが首脳は海外歴訪中で、マレーシアではインドネシア語で挨拶した。ブリュッセルASEM会議場では一人だけ団体写真に間に合わなかった。民主党は尹大統領の失敗を、言葉尻をつかむ資格はない。

悪化した韓日関係は文政府の代表的な外交惨事だった。2015年朴槿恵(パク・クネ)政府が成功させた慰安婦合意は初めて日本首相の公式謝罪を引き出した。しかし文政府は一刀のもとに破棄し、時代錯誤的な竹槍歌を歌った。大法院(最高裁)の判決で強制徴用問題が突出すると民主党の元老である文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が現実的解決法が含まれた法案を発議した。だが、文大統領の壁を越えることができなくて自動廃棄された。

【コラム】尹大統領、悔しくても戦いは中断しなければならない(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】尹大統領、悔しくても戦いは中断しなければならない(1)

    2022.10.03 14:39
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領
    TOP