주요 기사 바로가기

毎日残業してもいつも通帳にはお金がないまま…「一生懸命生きていても借金だけ増える」韓国青年の悲鳴(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.30 10:42
0
◆青年債務者の平均負債5000万ウォン

問題はこの過程で増え続ける青年負債だ。2018年993万ウォン水準だった青年負債平均額は昨年1329万ウォンで33.8%増加した。特に彼らの中で債務がない青年を除き、青年債務者が金融機関から借り入れた金額を集計したところ、2018年3008万ウォンだった負債額が昨年5016万ウォンに2000万ウォン以上増加した。

彼らのほとんどは金利の低い第一金融圏ではなく金利が高い第二金融圏を利用する。カード会社63.4%、保険会社14.9%、キャピタルの10.9%順だ。銀行から借り入れを受けた人よりも借金が増えるスピードがはやいということだ。ティディムのチェ・ユリ理事長は「解雇など経済的被害を受けた青年は借入サービスを利用せざるをえなくなるが、所得が低く信用度が低いためやむを得ず第二金融圏から金を借りる場合が多い」と説明した。

 
そのため20~30代青年層の所得格差は拡大の一途だ。共に民主党の金会在(キム・フェジェ)議員室が統計庁家計金融福祉調査資料を分析した結果、経常所得下位20%の年間所得は1968万ウォン(月164万ウォン)にとどまった。上位20%の6分の1水準だ。

◆金融力量の強化を

一生懸命働いても資産はない青年層が資産を形成できる方法として、専門家はいわゆる「金融力量」強化を提案する。Weconomyのイ・ヨンウン代表は「青年明日貯蓄口座と希望二倍青年通帳、そして青年明日チェウム共済は資産形成が難しい青年層が真っ先に当たってみるべき3種類」と紹介した。

保健福祉部が導入した青年明日貯蓄口座は経済的に難しい青年に元金を3倍に増やせる機会を提供している。月10万ウォンを3年間積み立てれば満期時720万~1440万ウォンがもらえる。また、月の所得255万ウォン以下の青年加入者が10万~15万ウォンを希望二倍青年通帳でも貯蓄すれば、同じ期間ソウル市が同じ金額を積み立てて満期時に積立金の2倍と利子を受け取ることができる。

青年明日チェウム共済は中小・中堅企業青年に資産形成機会を提供する。中小・中堅企業事業主と勤労者が共同で積み立てた共済金に福利利子を加えて5年以上働いた勤労者に成果補償金を支給している。

◆青年の声を聞いて政策作る

国務調整室は青年たちが必要な政策を直接考えて政府に提案することができるように討論の場を用意した。「青年政策DIYプロジェクト:青年政策工作所」だ。22日、青年資産形成をテーマに初めての討論会が開かれた。今後単身世帯などをテーマにさらに4回討論会が開かれる計画だ。最近の行事では従来の青年資産形成支援に対する問題点や改善方向などが扱われた。

匿名を求めたある青年は「両親から経済的支援を全く受けられずにいるのにもかかわらず(両親の)所得が政府が提示した基準より高いという理由で青年金融商品に加入できなかった」とし「政府の政策は『絵に書いた餅』」と話した。

実際、多くの「青年通帳」は加入条件が厳しい。青年が所属する世帯の所得が基準中位所得100%以下(4人基準約512万ウォン)であり、世帯財産は3億5000万ウォン(大都市基準)以下でなければならない。

また何とかシードマネーを集めたとしても安定した住居地を用意するには全く足りない。MZ世代のための購読経済紙「UPPITY」のパク・ジニョン代表は「青年の97%が独立するには居住空間の分離が必要だと答えたが、このうち42%はチョンセ・ウォルセ保証金が負担になって独立できなかった」と説明した。

これに対して国務調整室青年政策調整室のソン・ギョンウォン室長は「青年工作所は青年が直面した現実を手加減なしで聞く場所」とし「青年の意見が政策に反映されるように後押ししたい」と述べた。

毎日残業してもいつも通帳にはお金がないまま…「一生懸命生きていても借金だけ増える」韓国青年の悲鳴(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    毎日残業してもいつも通帳にはお金がないまま…「一生懸命生きていても借金だけ増える」韓国青年の悲鳴(2)

    2022.09.30 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    国務調整室が今月22日に開いた「青年工作所」討論会で、青年たちが資産形成の困難などについて意見を交換している。[写真 国務調整室]
    TOP