주요 기사 바로가기

最大の好況K-POP、「韓国エンタービッグ4」勝者の秘訣(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.01 11:11
0
世界的な経済低迷の局面でもK-POPは好況を享受している。「エンタービッグ4」(HYBE・JYP・SM・YG、時価総額順)の上半期実績がK-POPの成長傾向が続いているという事実を証明した。4社いずれも1000億ウォン(約103億円)台以上の売り上げを上げて善戦している中、HYBEとJYPは4-6月期の最大業績を更新した。下半期にはガールズグループ中心の活発な活動を予告し、好実績を続ける見通しだ。

金融監督院の電子公示システムによると、今年上半期の連結基準でエンタービック4の中で最も高い売上高を記録したのはやはりHYBEだった。HYBEは売上高約7972億ウォンと営業利益約1254億ウォンを上げ、上半期を成功裏に終えた。特に、4-6月期の売上高が5122億ウォンで、歴代4-6月期の売上記録を更新した。BTS(防弾少年団)をはじめ、SEVENTEEN、fromis_9など、従来のグループの地道な活動と新人ガールズグループのLESERAFIMのデビューが売り上げの上昇に一役買った。

JYPは「充実した経営」の力を見せた。JYPの今年上半期の売り上げは1355億ウォンだ。売上高だけで比較すると残りの3社より少ないが、営業利益として434億ウォンを得た。売上高に対する営業利益比率が約32.0%に達する。営業利益率だけではHYBE(15.7%)やSM(10.9%)、YG(10.2%)の2~3倍上回る「実利のある商売」だ。看板ガールグループTWICEのグループ活動が今月始まっただけに、下半期にも好成績が期待される。

最近5年ぶりに(日本では3年ぶり)所属事務所の団体コンサート「SMタウンライブ」を盛況裏に開催したSMも上半期3539億ウォンの売り上げを上げた。営業利益は386億ウォンだった。上半期に発売したアルバムは少なかったが、NCT127やSUPER JUNIOR、BoAの日本コンサートの収益が反映され、市場期待値に合致する成果をあげた。下半期にはBLACKPINKに続き、K-POPガールズグループ史上2番目にミリオンセラー(単一アルバム100万枚以上販売)に仲間入りを果たしたaespaのアルバム収入が加わる。NCT127も9月のカムバックを控えており、SMの下半期の成果に関心が集まっている。

YGは、BIGBANGのデジタル音源発売を除けば、相対的に静かな上半期を過ごした。にもかかわらず、売上高1515億ウォン、営業利益154億ウォンという優秀な成績を収めた。看板グループBLACKPINKの堅固なグローバルファンダムがYGの実績を支えている。下半期にはBLACKPINKのカムバックとワールドツアー、TREASUREのカムバック、新人ガールズグループのデビューなどが予定されている。

最大の好況K-POP、「韓国エンタービッグ4」勝者の秘訣(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    最大の好況K-POP、「韓国エンタービッグ4」勝者の秘訣(1)

    2022.09.01 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    4月東京ドームで開かれたTWICEのコンサート。[写真 JYPエンターテインメント]
    TOP