주요 기사 바로가기

朴裕河教授「『帝国の慰安婦』訴訟、慰安婦被害者ではなく周囲の人が起こした訴訟」

ⓒ 中央日報日本語版2022.09.01 10:48
0
日本軍慰安婦被害者をおとしめたとして訴訟を起こされた『帝国の慰安婦』著者の朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大学教授が「本と関連した訴訟は慰安婦被害者の周囲の人がしたもの」と主張した。

朴教授は先月31日、ソウルプレスセンターで『帝国の慰安婦』訴訟と韓日関係に関する記者会見を行った。

朴教授は告訴・告発が本の刊行から10カ月が過ぎて進められた点、挺身隊問題対策協議会(現正義記憶連帯)がこれに先立ち告発を検討していた点などを根拠に、「『帝国の慰安婦』訴訟は慰安婦被害者ではなく周囲の人が起こした訴訟ということは明確だ」と主張した。

朴教授は「本が出てから10カ月間の新しい変化は『ナムヌの家』に居住するある慰安婦被害者と親しくなったという事実しかない。本の検討を依頼されたある弁護士が慰安婦問題について何も知らない学生たちに『帝国の慰安婦』に関する報告書を作らせた後、実に109カ所を削除すべきだとして刑事、民事、販売禁止などの仮処分申し立てなど3種類の訴訟を起こしたのが『帝国の慰安婦』告訴・告発問題」と付け加えた。

朴教授は刑事1審勝訴(無罪判決)、2審敗訴(有罪判決)の過程に言及し、「当時判事は『朴裕河が慰安婦を売春婦といったのではないが読者がそのように読む恐れがある』とした。読者の読解力に対する責任が著者にかぶせられた」と主張した。

朴教授は2017年に上告した事実に言及し「大法院(最高裁)に事件が係留されてからまもなく5年。定年退任前に裁判を終えたかったがこのまま行けば10年を超えるかもしれないという考えから会見をすることになった」と説明した。

朴教授は著書『帝国の慰安婦』で慰安婦被害者を「売春」だとした日本の右翼を批判しようと引用した文章などと関連して「名誉毀損」の容疑で起訴され、2017年に控訴審で罰金1000万ウォンを言い渡された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴裕河教授「『帝国の慰安婦』訴訟、慰安婦被害者ではなく周囲の人が起こした訴訟」

    2022.09.01 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    朴裕河(パク・ユハ)教授[中央フォト]
    TOP