주요 기사 바로가기

日本慰安婦被害の公開証言から31年…独ベルリンで「歴史歪曲反対」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.15 07:28
0
14日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのブランデンブルク門前の広場で、日本軍慰安婦被害公開証言から31年を迎えて記念デモが開かれた。

この日のデモを共同主催したベルリン在住の日本人女性でつくる市民団体「日本女の会」は「31年前の1991年8月14日に韓国の金学順(キム・ハクスン)さんが日本軍慰安婦被害を初めて公開証言してからアジア全体の慰安婦被害者が公開証言に参加し、日本政府に公開謝罪と個別賠償を要求した」と述べた。

メンバーは「だが、日本政府は責任を否定して被害者の要求を拒否している」としながら「日本政府は歴史からこの部分を消して慰安婦に対する言及を歴史教科書から削除しようとしている」と主張した。

あわせて「我々は日本政府の歴史歪曲(わいきょく)に反対し、対抗する」と述べた。

コリア協議会のハン・ジョンファ代表は「金学順さんの勇気は日本の植民支配を受けた数百人の女性たちが沈黙を破る契機になった」としながら「被害女性が徐々に亡くなっている。我々は共に戦争地域の女性に対する性暴行を中断するよう求める」と述べた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本慰安婦被害の公開証言から31年…独ベルリンで「歴史歪曲反対」

    2022.08.15 07:28
    뉴스 메뉴 보기
    14日、第5回「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」に際し、市民団体「釜山(プサン)ギョレハナ」のメンバーが各家庭で育てた鳳仙花を釜山東区にある日本領事館前の少女像に献呈する行事を行っている。8月14日は故金学順(キム・ハクスン)さんが日本軍性奴隷制の被害事実を最初に公開証言した日で、2017年国家指定記念日に指定された。ソン・ボングン記者
    TOP