주요 기사 바로가기

金与正氏「北朝鮮への新型コロナウイルス流入は韓国のせい…強力な報復性対応検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 09:44
0
北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)労働党副部長は最近北朝鮮で発生した新型コロナウイルスが韓国から流入したものだとし、「強力な報復性対応を加えなければならない」と主張した。

朝鮮中央通信が11日に報じたところによると、金副部長は前日に金正恩(キム・ジョンウン)委員長が参加した全国非常防疫総括会議に討論者として参加し、「今回経た国難は明白に、世界的な保健危機に付け込んでわが国家を圧殺しようとする敵の反共和国対決ヒステリーが招いたものだ」としながらこのように主張した。

金副部長は「前線に近い地域が初期発生地であるという事実はわれわれをして、深く懸念し、南朝鮮(韓国)の連中を疑わざるを得なくしたし、経緯や状況上、全てがあまりにも明白に1カ所を指すことになったので、われわれが目新しい物品を悪性ウイルス流入の媒介物に見なすのは当然である」と話した。

その上で「このような科学的見解から見れば、南朝鮮地域からゴミが引き続き入ってくる現実をいつまでも袖手傍観してはならないという結論に到達する」とした。

その上で「われわれは必ず、強力な対応をしなければならない。すでに、いろいろな対応案が検討されているが、対応もとても強力な報復性対応を加えなければならない」と強調した。

続けて「もし、敵がわが共和国にウイルスが流入しかねない危険な行為を引き続き行う場合、われわれはウイルスはもちろん、南朝鮮当局の連中も撲滅することで応えるであろう」とした。

金副部長は「汚らしいビラをばらまくのに率先したけもの以下の醜悪なくずの背後でかいらい保守一味がどれだけ凶悪に遊んでいるかをわれわれはひとつひとつ刻んでいる」と話した。

また「現かいらい政権は2020年にわれわれが南北共同連絡事務所までまるごと吹き飛ばして超強硬対応するのに驚き、当時かいらい政府がかき集めたビラ散布器具を人間のくずどもに返したかと思えば形式的ながら制定した『対北朝鮮ビラ散布禁止法』を廃棄しようとする動きまで見せている」とした。

金副部長は「これは、明白に反人倫的な犯罪である。問題は、かいらいが今も引き続きビラと汚らわしい物品を送り込んでいるということにある」とした。

その上で「南朝鮮のかいらいこそ、われわれの不変の主敵であり、革命闘争の勝敗を左右する根本要因は階級意識である」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金与正氏「北朝鮮への新型コロナウイルス流入は韓国のせい…強力な報復性対応検討」

    2022.08.11 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)労働党副部長
    TOP