주요 기사 바로가기

訪韓を控えた国連事務総長「洪水によって死亡したすべての人々に弔意」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.11 09:26
0
訪韓を控えたアントニオ・グテーレス国連事務総長が10日、ソウル・京畿(キョンギ)・江原(カンウォン)など中部地方を強打した集中豪雨による被害者にお見舞いのメッセージを伝えた。

現在、モンゴル・ウランバートルを訪問しているグテーレス事務総長はこの日、声明を出して「韓国人と韓国政府に深い連帯を表す」として「今回の洪水によって亡くなったみなさんの家族に弔意を表す」と明らかにした。

グテーレス事務総長は非核化のメッセージを広く発信することに焦点を当て、韓国、日本、モンゴルなどアジア3カ国を歴訪している。

2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開幕式出席以降4年ぶりに訪韓するグテーレス事務総長は11~12日ソウルを訪ねて尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と午餐会を行い、朴振(パク・ジン)外交部長官にも会って韓半島(朝鮮半島)の情勢などについて意見を交わす予定だ。

中央災害安全対策本部によると、10日午後6時現在今回の大雨による人命被害は死亡10人(ソウル6人・京畿3人・江原1人)、行方不明6人(ソウル3人・京畿3人)、けが19人(京畿)となった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP