주요 기사 바로가기

梅雨は終わったが500ミリ水爆弾…気象庁も驚いた「台風周辺通過の影響」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.08 15:53
0
8日から停滞前線の影響で中部地方を中心に最大500ミリの梅雨並みの豪雨が降るという予想だ。南部は体感温度が36度にのぼる猛暑が近づくとみられる。さらに9日には南側から熱帯低気圧が台風7号に発達して接近する可能性もあるという。

気象庁は「10時30分現在、停滞前線による雨雲の影響で京畿道(キョンギド)北部と江原道(カンウォンド)北部を中心に1時間あたり50-100ミリの非常に強い雨が降っている」とし「停滞前線の影響で10日まで中部地方を中心に突風と雷を伴った非常に強い雨が降り、計350ミリ以上の雨が降るところがある」と予報した。

南北に幅30キロの狭くて長い形態の雨雲は9日まで中部地方を行き来しながら多くの雨を降らせるという。予想降水量は100-200ミリ、多いところでは300ミリ以上の雨が降る見込みだ。これを受け、仁川江華島、江原道鉄原、京畿道坡州・楊州・抱川・漣川・東豆川・金浦地域には豪雨警報が、ソウルなどその他の中部地方には豪雨注意報が発令された。

10日と11日にも中部地方を中心に強い雨が予想される。積算降水量が500ミリ以上となるところもあるという。気象庁は「北朝鮮にも大雨が予想され、臨津江(イムジンガン)、漢灘江(ハンタンガン)、北漢江(プッカンガン)などの水位が急激に高まるおそれがあり、被害がないように徹底的に対応してほしい」と強調した。

一方、雨が降らない南部地域には最高35度の猛暑が予想される。済州(チェジュ)は体感温度が32-36度と予報されている。

◆梅雨並みの雨

気象庁は先月27日に梅雨が終わったと発表したが、また梅雨並みの豪雨が降るのは、朝鮮半島周辺を最近通過した台風の影響が大きい。

台風5号と台風6号は熱帯低気圧に弱まった後、朝鮮半島の北東に抜けた。しかし熱と水蒸気を含む熱帯低気圧がオホーツク海であたかも壁のように高気圧をブロックし、朝鮮半島北側の冷たい空気が西側から東に流れるのを防いでいる。

このため道がふさがった冷たくて乾燥した空気が韓半島に下りてきて、南側の高温多湿な空気と衝突し、梅雨のような形態の停滞前線が形成された。

気象庁のパク・ジョンミン通報官は「南側から入った暖かい空気が多くのエネルギーを含む燃料なら、北側から下りてくる冷たい空気はスパークと見ることができる」とし「この2つが衝突するたびに停滞前線が活性化し、強くて多くの雨を降らせる」と説明した。

◆9日に台風7号発達の可能性

今後の変数は台湾の西側海上にある熱帯低気圧だ。この熱帯低気圧は台湾周辺の高い水温で勢力を強め、9日ごろ台風7号に発達する可能性が高い。

この場合、台風が北太平洋高気圧を北に押し上げ、現在予報された降水地域が北側に少し移動する可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP