주요 기사 바로가기

ロシア併合クリミア半島の空軍飛行場で爆発…「ウクライナ抵抗軍が背後」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.10 15:12
0
ロシアが併合したクリミア半島の地域行政府が9日(現地時間)、西部ノボフェドロフカ近隣のサキ空軍基地の弾薬庫で数回の爆発が発生し、1人が死亡、8人が負傷したと明らかにした。ロシアは「火災事故」と発表したが、ウクライナ側はロシアに反対する抵抗軍の攻撃があったと主張した。ウクライナの領土だったクリミア半島は2014年にロシアによって強制併合された。

この日、ソーシャルメディア(SNS)に掲示された映像には、相次ぐ爆発音と同時に黒い煙が上がり、基地付近の浜辺にいた観光客が逃げる姿が映っていた。目撃者は1、2分間に10回以上の爆発があり、周辺の建物の窓が割れたと伝えた。

ロシア国防省は「一部の航空用弾薬が爆発したが、火災安全要件を違反した事故とみられる」とし「破壊された戦闘機や軍装備はない」と明らかにした。ウクライナが関与したという内容はなかった。しかしニューヨークタイムズ(NYT)は「クリミア地域行政トップのセルゲイ・アクショノフ氏がテロ警報を発令し、クリミア半島の安全保障を憂慮している」と報じた。

ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は「クリミア半島で活動するウクライナ抵抗軍が背後」と主張したと、AP通信は伝えた。NYTもウクライナ軍関係者を引用し、「今回の爆発はウクライナ政府に忠誠を尽くす抵抗軍」と伝えた。ただ、抵抗軍が直接攻撃したのか、正規軍を支援したのかは明らかにしなかった。この関係者は攻撃武器は西側が支援した武器ではなくウクライナ産だと話した。

ウクライナ領土と200キロ以上離れたサキ空軍基地では、ロシア軍がウクライナ南部地域を攻撃するために定期的に戦闘機が離陸していたという。

AP通信はウクライナ側の攻撃なら「2014年にロシアが併合したクリミア半島のロシア軍事基地に対する初めての大規模攻撃」と伝えた。NYTは「ウクライナの攻勢がかなり拡張したことを意味する」とし「クリミア半島を聖地と考えるプーチン露大統領にも当惑する事件であるはず」と分析した。

しかしウクライナのクリミア半島攻撃は今回の戦争の様相に影響を及ぼしかねない。BBCは「ウクライナがクリミア半島を体系的に攻撃し始めれば、ロシアの対応は深刻化する可能性がある」と伝えた。これに先立ちロシア前大統領のメドベージェフ安全保障会議副議長は「クリミア半島を攻撃すれば『審判の日』がくるだろう」と述べた。

ウクライナのゼレンスキー大統領はこの日夜の演説で「ロシアのクリミア半島占領で戦争が始まり、クリミア半島の解放で終わるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP