주요 기사 바로가기

米国内「尹大統領・ペロシ面談不発は米国を侮辱したもの」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.08 06:59
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が今月4日に訪韓した米国のナンシー・ペロシ下院議長と電話会談だけして直接会わなかったことに対して米国内から批判が出ている。国務省元高位要人はこれを米国に対する「侮辱(insult)」と主張した。尹大統領が米国権力序列3位の下院議長を「冷遇(snub)」したと表現した外信もあった。

ジョージ・W・ブッシュ政府時期に国務省政策企画部長を務めたミッチェル・リース氏は6日(現地時間)に伝えられた「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」放送のインタビューで「(ペロシ議長が)韓国指導者に会わなかったことは非常に懸念される。失敗だったと考える」と明らかにした。リース氏は「中国の機嫌を取るつもりだったのなら成功ではない」としながら「韓国大統領室の二重のミスで、韓米関係にも侮辱」と主張した。

この日、VOA放送に共演した元国務次官補代理(核不拡散担当)のマーク・フィッツパトリック氏も「(リース氏の立場に)全面的に同意する」とし「侮辱的だった」と述べた。フィッツパトリック氏は「中国の機嫌を取る考えだったとしても無駄だった」としながら「(尹大統領がペロシ氏と会わなかったことは)中国は韓国を圧迫することができ、韓国は中国の意志に屈するという認識を与えただろう」と説明した。

ブルームバーグ通信は4日、「韓国指導者が休暇中にペロシ議長を冷遇した」という題名の記事を通じて「尹大統領はアジア歴訪中のペロシ議長に会わなかった唯一の指導者」と報じた。同メディアは「尹大統領は最近数週間、数多くの失策で急速に支持率が下落した」と言及した。ワシントン・ポスト(WP)は5日、ソウル発記事で「(ペロシ訪韓当時)世界の舞台で尹大統領の不在に批評家は激怒し、彼らは保守的な韓国大統領が中国の報復を懸念して意図的にペロシとの直接会談を避けたと批判した」と伝えた。

一方、ペロシ議長は5日、最後の訪問国である東京の米国大使館で開いた記者会見で、韓国を訪問した理由として在韓米軍の激励と板門店(パンムンジョム)訪問を挙げた。今回のアジア歴訪で訪問したシンガポール・マレーシア・台湾・日本に対しては首脳との交流や会談に言及しながら歓迎を受けたと明らかにしたこととは違いがある。

ペロシ議長は「シンガポールを訪問して首相と会い、大統領にも会った」と述べた。続いて「次にマレーシアに行ったが、非常に肯定的な方法で歓迎された」としながら「私が歓迎されたと話すのは我々が代表する(ジョー・バイデン)大統領のイニシアチブが歓迎されたという意味」と説明した。

ペロシ議長は「次に韓国に行った」としながら「ここに駐屯する米国軍人2万8000人と彼らの家族に敬意を表し、彼らの勇気に感謝し、歓待に対して(韓国)政府に謝意を表するために訪問した」と述べた。また「板門店を訪問した」としながら「北朝鮮の攻撃性、攻撃の可能性の側面で北朝鮮の脅威に焦点を合わせた」と紹介した。韓国訪問を要約したが尹大統領との電話会談や金振杓(キム・ジンピョ)国会議長との会談に対する言及はなく、在韓米軍の激励と北朝鮮の脅威対応を訪問の主な目的として説明した。

ペロシ議長は「日本では非常に印象的な会議をした」としながら「安全保障と経済、ガバナンスについて議論した」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国内「尹大統領・ペロシ面談不発は米国を侮辱したもの」

    2022.08.08 06:59
    뉴스 메뉴 보기
    韓国を訪問中のペロシ米下院議長が4日、国会本庁の前で金振杓(キム・ジンピョ)国会議長と儀仗隊の栄誉礼を受けながら歩いている。 キム・ソンリョン記者
    TOP