주요 기사 바로가기

韓国、ドル高で海外個人輸入減る…円安で日本からの個人輸入は増える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.04 09:17
0
会社員のチョンさん(35)は最近カナダのブランドのレギンス製品を個人輸入しようとしたが韓国の通販サイトで買うことに決めた。このレギンスは60ドルで、1ドル=1100ウォン台だった昨年には6万8000ウォン水準だった。しかしウォンが1ドル=1300ウォン台に落ちたいまは7万8000ウォン水準と負担が大きくなった。チョンさんは「結局同じ製品を韓国の通販サイトで8万5000ウォンで買った。個人輸入価格に配送代行料などを加えると通販サイトで割引クーポンを使って購入する方が安く配送も速い」と話した。

13年ぶりにやってきたドル高に韓国の消費者の個人輸入パターンが変わっている。米国からの個人輸入より韓国の通販サイトと日本からの個人輸入が相対的に増加している。

統計庁のオンラインショッピング動向によると、4-6月期のオンラインを通じた海外直接購入(個人輸入)金額は1兆3021億ウォンで前四半期の1兆3714億ウォンより5.1%減った。個人輸入金額は昨年10-12月期の1兆5092億ウォンから減り続けている。

特に韓国の消費者が最も多く訪れる米国からの個人輸入金額が昨年10-12月期に6009億ウォン、今年1-3月期に5543億ウォン、4-6月期に5123億ウォンと減少傾向が目立つ。BCカード新金融研究所の調査でも上半期のBCカード顧客の個人輸入件数は1年前より1.4%減ったが、米国市場での決済件数が18.3%で最も多く減少した。

これは昨年末に1180ウォン台を行き来したドル相場が最近1310ウォン台で取引されるなどドル高傾向のためと分析される。ウォン換算した輸入製品価格が高くなると個人輸入族が財布を閉じるようになったのだ。

これに対し円が急落し日本が個人輸入族の関心を引いている。オンラインショッピング動向によると4-6月期の日本からの個人輸入金額は1038億ウォンで前年同期比31.1%増えた。BCカードの分析でも上半期の日本からの個人輸入決済件数は1年間で21.3%急増した。先月100円=950ウォン水準まで円が下がるなど円安推移が続いているためだ。BCカード新金融研究所のクォン・ソンム専務は「個人輸入消費者は為替相場にともなう商品価格に敏感だ。ドル高傾向から通販サイトや日本からの個人輸入に目を向けている人が増加している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、ドル高で海外個人輸入減る…円安で日本からの個人輸入は増える

    2022.08.04 09:17
    뉴스 메뉴 보기
    TOP