주요 기사 바로가기

映画『犯罪都市2』を上映禁止したベトナム、韓国女性囚人題材の映画が興行1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.08.03 11:25
0
『犯罪都市2』に上映不可判定を下したベトナムで韓国女性囚人を題材にした映画『2037』が公開一週間で興行1位になった。ハリウッドアニメーション『ミニオンズ フィーバー』、マーベルスーパーヒーロー映画『ソー:ラブ&サンダー』などを抜いた。

女優キム・ジヨン、女優キム・ミファ、女優ファン・ソクチョン、女優チョン・ソミンなどが主演した『2037』(監督モ・ホンジン)は聴覚障害をもつ母と2人きりで暮らしていた19歳のユンヨン(ホン・イェジ)が一瞬にして性暴行被害者から殺人犯に転落するが、同じ監房囚人に頼って希望を取り戻す旅程を描いた。ベトナム現地配給会社CJ HKエンターテインメントによると、ベトナムで27日公開されて週末まで5日間13万人の観客を動員して劇場街のトップになった。6月8日公開した韓国で累積1万人に及ばなかった興行惨敗を乗り越えた。

俳優マ・ドンソクの犯罪アクション映画『犯罪都市2』が5月ベトナム当局に「暴力的な場面が多い」という理由で等級審議が拒まれて最初から上映禁止されたことに対照される。『犯罪都市2』はベトナム最大都市ホーチミンを韓国組織暴力の無法地帯として描写したために上映禁止されたのではないかとの推測もあった。『2037』の広告には現地当局の機嫌を損なわないヒューマンドラマという点も一役したとみられる。CJ HKエンターテインメント側は「温かいメッセージと感動的なストーリーを好むベトナム観客の心を動かした」と自評した。現地メディア「ベトナムプラス」も同じ週間の興行2位にのぼったベトナム映画『Senior Playboy, Junior Papa』と『2037』をいずれも「感動的な要素が多い」を興行要因に選んだ。

一方、興行ランキングサイト「ボックスオフィスベトナム」によると、先週末ベトナムでは『2037』を筆頭に韓国映画が興行20位入りを果たした作品が4編もあった。パク・チャヌク監督の『別れる決心』が興行8位、韓国アニメーション『ポロロ劇場版:ドラゴンキャッスル大冒険』が11位、リュ・スンワン監督の『モガディシュ 脱出までの14日間』が15位を占めた。ベトナムは代表的な韓国映画輸入国に選ばれる。映画振興委員会「2021年韓国映画産業決算」によると、韓国映画完成作の国家別輸出実績ランキングでベトナムは2019年10位から2020年5位に急上昇した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『犯罪都市2』を上映禁止したベトナム、韓国女性囚人題材の映画が興行1位

    2022.08.03 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    ベトナムの週末ボックスオフィス1位にのぼった韓国映画『2037』[写真 映画会社リュク、シネピルン]
    TOP