주요 기사 바로가기

日帝強制動員被害者賠償問題解決策探せ…14日に2回目の官民協議会開催

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.11 07:50
0
日帝強制動員被害者賠償問題解決策を模索する官民協議会の2回目の会議が今週開催される予定だ。協議会参加者らによると、外交部は14日に日帝強制動員官民協議会2回目の会議を開催する。2回目の会議は4日の初の会議から10日ぶりに開かれる。

会議は外交部の趙賢東(チョ・ヒョンドン)第1次官が主宰する。1回目の会議に参加した被害者の法律代理人と被害者支援団体も今回の会議に参加するものとみられる。1回目の会議の参加者によると、当時外交部は7月中に最小1~2回の追加会議を開きたいと説明していた。

最初の会議が参加者間の顔合わせを目的に進められたとすれば2回目の会議では強制動員被害者賠償問題解決に向け参加者が具体的なアイデアを提示し、韓国政府はこれを聴取する方式で進められる見通しだ。韓国政府は8月にも追加で協議会を開いて意見を追加で取りまとめた上で解決策をまとめるための具体的な結果を作るという計画だ。

強制徴用賠償問題は韓日関係にとって最大の懸案だ。

韓国大法院(最高裁)は2018年10月と11月にそれぞれ新日本製鉄と三菱重工業を相手に強制動員被害者に賠償を命じる内容の確定判決を下した。これら企業は賠償履行を拒否している。この秋にも該当企業の国内資産売却が強制される可能性もある。こうした場合韓日関係がさらに冷え込む恐れもある。韓日関係改善を試みている韓国政府は官民協議会を通じて解決策を模索している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日帝強制動員被害者賠償問題解決策探せ…14日に2回目の官民協議会開催

    2022.07.11 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    三菱重工業朝鮮女子勤労挺身隊被害者の梁錦徳(ヤン・クムドク)さん(左から3人目)と「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」関係者が2020年1月17日、東京丸の内にある三菱重工業本社に要請書を伝達した後、外に出てきた様子。ユン・ソルヨン特派員。
    TOP