주요 기사 바로가기

顔に刻まれた数字「47」…シカゴ銃器乱射犯の奇怪な執着

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 15:28
0
米国シカゴ郊外の都市ハイランドパークで開かれた独立記念日パレード行事で銃器を乱射して数十人の死傷者を出した容疑がもたれているロバート・クリモ容疑者(21)が数字「47」に執着していたとみられる情況が明らかになった。

6日(現地時間)、インディペンデントやNBC放送など外信報道によると、クリモ容疑者は右のこめかみあたりに数字47をタトゥーで入れ、自動車にもこの数字を塗装した。警察はクリモ容疑者が顔に入れ墨をした数字47に関心を寄せた。

あわせてクリモ容疑者はビデオゲーム『ヒットマン』を好んでいたことが分かったが、ヒットマンの主人公の名称が「エージェント47」だ。悪党の暗殺を代行する殺し屋「エージェント47」は「47」または「コードネーム47」とも呼ばれる。

また、犯罪組織員の間では47は攻撃用小銃AK-47を意味するとNBC放送は説明した。クリモ容疑者が乱射した銃器がAK-47だったかどうかは不明だ。捜査当局は「高性能小銃」とだけ明らかにした。

これに関連し、ハイランドパークを担当するイリノイ州レイクカウンティ重犯罪タスクフォース(TF)チームのクリス・コベリ広報担当は、NBC放送に「クリモが数字4と7に対して格別の愛着を持っていた」とし「逆にすると7と4、7月4日になる」と話した。7月4日はクリモ容疑者が犯行に及んだ米国独立記念日だ。

クリモ容疑者の無差別銃撃に今まで7人が亡くなり30人余りが負傷した。

クリモ容疑者は事前に計画した犯行を実行した後、女装をして母親の家まで歩いていき、乗用車に乗って2時間30分の距離にあるウィスコンシン州マディソンまで行った。検察によると、当時彼は60発以上の実弾を所持し、マディソンで独立記念日を祝う人々を見て即興的に2次銃撃を考えてもいた。

だが、クリモ容疑者は追加犯行に対する考えを実行に移すのはやめ、再び家に戻って事件発生8余時間後の4日午後6時30分ごろ、ハイランドパーク北にある都市レイクフォレストで逮捕された。

クリモ容疑者は7件の1級殺人容疑として起訴され、保釈金の策定なしで収監された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP