주요 기사 바로가기

『六本木クラス』主人公役の竹内涼真「韓国ドラマの自由さが世界的なヒットの理由」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 07:01
0
「オファーを受けた時、すでに『梨泰院クラス』を見た後だったので、これはなかなか難しい挑戦だなと思いました」。

2020年Netflix(ネットフリックス)で日本に紹介されて大きな人気を得たドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』をリメークした『六本木クラス』が7日から日本の放送局テレビ朝日で放映される。主人公パク・セロイ(日本版では宮部新)は日本でトップ俳優に挙げられる竹内涼真(29)が演じた。放映を控えて先月29日に会った竹内は、『梨泰院クラス』が非常に魅力的なドラマでプレッシャーもあったが、「このような大きなチャンスが訪れたのだから、掴みたいという気持ちの方が大きかった」と話した。

日本版は、多くの外国人が訪れる梨泰院と似たような雰囲気を持つ東京六本木が舞台ということでストーリー展開も似ている。六本木の居酒屋「2代目宮部」店長であった父親の下に育った新が、日本最大の外食会社「長屋ホールディングス」の後継者が起こしたある事件に巻き込まれて奈落に落ちることになる。新は父親が教えてもらった「信念を持って生きていくこと」を心に刻み、六本木で事業を起こし、巨大権力に対抗していくというプロットだ。

『梨泰院クラス』は今もNetflixの日本国内の視聴順位10位に入っている。俳優としては原作を意識せざるを得ない状況だが、竹内は「素晴らしい原作をもとに、新しい作品を作っていくという気持ちで演技している」と話した。「原作の登場人物たちが梨泰院という街でいきいきと生きていく姿がとても魅力的じゃないですか。だから、舞台が六本木にうつっても、各々が演じる役に1から向き合っていけば、きっと面白いと思います」。

竹内は2014年、『仮面ライダー』シリーズでデビューし、『下町ロケット』(2015)、『陸王』(2017)、『テセウスの船』(2020)などのドラマに出演して名前を知られるようになった。2021年には『君と世界が終わる日に』でゾンビと戦う主人公役を演じて人気を集めた。竹内は「今の年齢とか、自分に表現できることが何かを考えて、一番自分らしさを見せることができる作品にいつも挑戦したい」とし「六本木クラスの主人公である新と自分が似ているとは言い難いですが、役を通じて彼の強靭な性格と意志などが自然に表れるようにしたい」と話した。

好きな韓国ドラマを聞かれると、竹内は『少年審判』『スイートホーム』『海街チャチャチャ』などに次々と言及した。主にNetflixを通じて韓国ドラマを見ると話した。「韓国ドラマでは、俳優や製作陣が描きたいストーリーを自由に思う存分表現しているという感じがします。もちろんどの国にも色々な規制があると思いますが、それを突破しながらスケールの大きいドラマを作り出すことが出来るのは羨ましい点でもあり、世界的なヒットにつながる理由だと思います」。

今回の作品は韓日合作プロジェクトとして進められた。原作漫画家でありドラマ『梨泰院クラス』の脚本を担当をしたチョ・グァンジン、ドラマを製作したスタジオルルララ(SLL)、原作漫画の版権を持つカカオエンターテインメント、ドラマ製作会社クロスピクチャーズなどが制作に協力している。竹内は「『梨泰院クラス』を通じて梨泰院という街が日本にも広く知られたように、六本木クラスを見て韓国の皆さんが六本木というところに行ってみたいと思ってくださったら主演俳優として非常に嬉しい」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『六本木クラス』主人公役の竹内涼真「韓国ドラマの自由さが世界的なヒットの理由」

    2022.07.07 07:01
    뉴스 메뉴 보기
    『六本木クラス』[写真 テレビ朝⽇]
    TOP