주요 기사 바로가기

中国、AIで党員の忠誠度判別…「頭の中を覗くのか」と波紋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.04 09:40
0
1日、創党101周年を迎えた中国共産党がAI(人工知能)を活用して党員の忠誠度を判断するイデオロギー教育装備を開発し、使用していると香港明報が3日、報じた。中国のネットユーザーは「デジタル権威主義の発展がすでにビッグブラザーが頭の中を覗く段階まで来た」と憂慮した。当局は波紋が広がると、該当研究機関が広報のためにSNSに掲載した掲示物と映像を削除し、収拾に乗り出した。

1日、中国SNSで拡散した短編映像は、中国安徽省に位置する「合肥総合性国家科学センター人工知能研究院」が結党記念日を迎えて製作した宣伝だ。合肥研究院は、中国科学院と安徽省の二重指揮を受ける国家級戦略AI研究所だ。動画では白衣を着た党員が「スマート思想政治バー」と書かれたガラス施設に入る。設備内に設置された大型タッチスクリーンの前で、教育生は測定機器を利用して顔面視覚反応、脳波反応、皮膚の電気反応などバイオ信号を収集して検査を受ける。AIがイデオロギー教育の学習効果を判断し、党員研究者に「党の恩恵を感じ、党の指示に従い、党と共に進むようにする信頼と決心を確実に助けた」と研究所はSNSで強調した。

今回のAI設備紹介は合肥研究院がWechat(中国版SNS)公式アカウントに「人工知能が党建設(党建)を支援するために、安徽機関がこのような装備を研究開発した」というタイトルで掲載された。筆者は「人工知能研究院」名義だった。研究院側は、デジタル教育手段、スマートインタラクティブ技術、スマート感性コンピューティング、知識グラフ、カスタマイズ型おすすめなど、人工知能技術を利用して思想政治教育の形を絶えず革新していると自負した。該当AI設備は研究院内に設置された共産党支部に所属する党員43人の党員義務教育活動と日常研究開発業務を調和させるために開発した。AI研究院は今回の革新プロジェクトを通じて党建設業務に新しいアイディアと能力を吹き込んだとし、新時代IT革新の先鋒隊として優秀な科学研究成果を持って第20回党大会の勝利の開幕を迎えると宣伝した。

中国のネットユーザーはSNSに公開されたAI研究院の広報映像を通じて、人工知能がイデオロギー教育や世論動向監視にすでに使われていることを確認した。「科学技術洗脳」と指摘するかと思えば、中国のデジタル権威主義が英国小説家ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場するビッグブラザーがすでに現実となったと嘆いた。SNSの世論が悪化すると検閲当局は該当映像と掲示物を素早く削除した。

先端科学技術をイデオロギー教育に活用したのは、中国ではすでに新しいニュースではなくなっている。山東師範大学マルクス主義学院の王増福院長は先月、教育部の機関紙『中国教育報』に寄稿文を載せ、「思想政治科目の建設は情報化・インターネット化・デジタル化・仮想技術を受け入れなければならない」と主張した。王院長は「仮想講義室と実験室を建設し、思想政治教育と討論モデル、授業方式、技術形式などを革新して視覚的衝撃、情緒的体験、政治的同質感を強化し、躍動感と実効性を向上しなければならない」と強調した。イデオロギー教育へのAI技術の活用を政府教育当局が激励したということだ。

人工知能と党建設の結合は、習近平中国国家主席の指示でもある。党員教育の最高指導機関・中央党校の機関紙『学習時報』は2019年9月6日付3面に「『人工知能プラス党建』は党の建設に力と能力を加えなければならない」という記事を通じてAIを活用した党建設を主張した。記事は「習近平総書記が、人工知能が最近、科学技術革命と産業変革の戦略的技術をリードし、波及力が非常に大きい『先頭雁』効果が強いと指摘した」とし「『人工知能プラス党建設』の実質的飛躍を成し遂げなければならない」と主張した。

今回の映像を公開した合肥AI研究院は、「安徽次世代人工知能産業発展計画(2018~2030)」に基づいて設立された。研究院が位置する合肥先端技術団地にはAI音声認識分野で世界的にトップ企業のアイフライテック(iFLYTEK)などAIに特化した研究団地だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、AIで党員の忠誠度判別…「頭の中を覗くのか」と波紋

    2022.07.04 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    「合肥総合性国家科学センター人工知能研究院」ホームページ
    TOP