주요 기사 바로가기

「孫興民、犬でも食べてろ」人種差別した英国のファン12人結局謝罪…中には63歳の男も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.22 10:07
0
サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トッテナムの孫興民(ソン・フンミン)に人種差別をした現地ファン12人が謝罪の手紙を書いた。

英スカイスポーツは21日、「英国警察がソーシャルメディア(SNS)で孫興民に人種差別的な書き込みをした12人の男に謝罪の手紙を書くようにした」と報道した。

事件は昨年4月12日、プレミアリーグ2020~21シーズンのトッテナム対マンチェスター・ユナイテッドの試合から始まった。前半33分にエディンソン・カバーニ(マンU)がゴールを放ったが、それに先立ちスコット・マクトミネイ(マンU)がボールを取り合う過程で、手で孫興民の顔に攻撃を加えたことがVAR(ビデオ判定)の末に反則と判明した。結局カバーニのゴールは取り消された。

当時マンUのオーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、「私の息子が相手に顔を叩かれ3分間倒れて10人の助けを受けて起きるならば、私は食事を与えないだろう」と話しながら孫興民を皮肉った。マンUのファンらも試合後ツイッターに孫興民が過度な演技をしたとして批判した。「犬でも食べてろ」「韓国ドラマ俳優だ」「DVDでも売ってろ」というような書き込みもあった。「DVD」はアジア人が路上で違法コピーDVDを売っているという意味であり、犬肉もやはり人種差別的発言だ。

現地警察は昨年5月、イングランドとウェールズ全域で捜査に着手し、12人の身元を把握した。12人は全員男で、年齢は20歳から63歳までだ。警察は一部を逮捕し調査した。当時マンUは孫興民に人種差別的な投稿をした6人に立ち入り禁止処分を下している。

捜査を終えた警察は彼らを正式に起訴する代わりに「共同体解決命令」を下して事件を終えることにした。犯罪事実が大きくない時に起訴せず被害者に謝罪したり地域社会でボランティア活動をさせるなど軽い処罰を下す制度だ。警察は「ロンドンの有名サッカー選手にオンラインで人種差別発言と行動をした容疑で12人の男が調査を受けた。彼らはコミュニティレゾリューションを受けた。12人の男全員が被害者に謝罪の手紙を書いた」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「孫興民、犬でも食べてろ」人種差別した英国のファン12人結局謝罪…中には63歳の男も

    2022.06.22 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民(ソン・フンミン) [写真 トッテナム インスタグラム]
    TOP