주요 기사 바로가기

<インタビュー>SNSで日本・中国“狙撃”する徐ギョン徳教授…「黙っていれば認めたと勘違いしている」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.08 16:09
0
オリンピック(五輪)で少数民族に韓国民族の衣装を着せてキムチを「泡菜(パオツァイ)」と表記する中国を指摘し、独島(トクド、日本名・竹島)を「日本領土」と表記して佐渡金山を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に推薦しようとする日本に抗議メッセージを出す。北京冬季五輪の韓国ショートトラック選手を中国が「反則王」として描写した映像に対して国際オリンピック委員会(IOC)に抗議メールも送る。誠信(ソンシン)女子大教養学部の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授(48)のことだ。

中国や日本が韓服・キムチ・独島などを「自分のもの」として主張したり、歴史歪曲(わいきょく)をしたりする発言があると、間違いなくメディアには徐教授のSNSメッセージが登場する。徐教授が今年SNSで批判メッセージを出した事案だけで32件、週1.4回の計算になる。

徐教授はどこの機関長でも、独立有功者の子孫でも、ましてや利害当事者でもない。徐教授の活動に誰かが報酬を与えるわけでもない。先月20日、ソウル敦岩洞(トンアムドン)の誠信(ソンシン)女子大学にある研究室で会った徐ギョン徳教授は「中国の東北工程、日本の歴史歪曲に対して黙っていれば認めたと勘違いしている人々が多い」とし「誰かはこれに対して反論しなければならず、その時その時対応を迅速にして記録を残すことが重要だと考えた」と述べた。

最も最近では国連のホームページに「日本海」だけが使われていることに対して抗議メールを送ったと知らせ、日本極右団体が『少女像風船人形』を作ったことに対して批判する文を書いた。日本・中国政府だけではない。ファッション雑誌VOGUEで韓服を「漢服」と紹介したり、韓国食品医薬品安全処(食薬処)や国内企業がキムチを「泡菜」と表記したりすることに対しても一つひとつ指摘する。

自ら正面対抗に出ることもある。日本外務省が旭日旗を擁護する韓国語の広告映像を韓国YouTube(ユーチューブ)に出した時も、逆に「旭日旗はナチスの象徴と同じ意味」という内容を入れた日本語の広告映像を作って日本YouTubeに出した。2月22日に日本が「竹島の日」行事を行うことに対抗してあるオンラインショップと協業して独島関連の商品を販売する「独島マーケット」を開いたこともある。旧正月(ソルラル)には「Chinese New Year」英文表記を「Lunar New Year」に変えるキャンペーン、北京冬季五輪時は旭日旗模様の検索、閉幕式には韓服着るチャレンジ、佐渡金山のユネスコ世界遺産登録反対署名運動などを行い、人々の参加も誘導している。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)やウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)、タイムズ・スクエアなどに韓服・独島・アリラン・ビビンバなどを紹介したり、日本の戦犯行為を伝える大型広告を出す活動家として、2000年代中盤からメディアに紹介され始めた徐教授は最近ではSNSを「メイン武器」として使う。徐教授のインスタグラムはフォロワーが10万人を越え、フェイスブックは3万人を越える。徐教授は「全世界から海外同胞が送ってくれる情報提供が多いに役立っている」と話す。 <インタビュー>SNSで日本・中国“狙撃”する徐ギョン徳教授…「黙っていれば認めたと勘違いしている」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <インタビュー>SNSで日本・中国“狙撃”する徐ギョン徳教授…「黙っていれば認めたと勘違いしている」(1)

    2022.06.08 16:09
    뉴스 메뉴 보기
    過去「タイムズ・スクエアの広告」が最高だったとすれば、今は「SNSとYouTubeが最高」という徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は「『Pachinko パチンコ』のように、韓国の歴史と伝統を文化的にコンテンツの中に落とし込むやり方で日本と中国の歴史わい曲を阻止するほうが今の時代には一番効果的のようだ」と語る。[写真 クォン・ヒョクジェ写真専門記者]
    TOP