주요 기사 바로가기

<サッカー>ネイマールがまたPKゴール…日本、ブラジルに0-1敗戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.07 07:49
0
サッカー日本代表が「サンバ軍団」ブラジルに惜敗した。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング23位の日本代表は6日、東京国立競技場で2022キリンチャレンジカップ2022でランキング1位のブラジル代表と対戦し、ネイマールの決勝ゴールで0-1で敗れた。日本はこの日の敗戦で国際試合(Aマッチ)無敗が8(7勝1分け)でストップした。2日にソウルワールドカップ競技場で韓国代表に5-1で勝利したブラジル代表はアジア遠征Aマッチ2連戦を共に勝利で終えた。

ブラジルは序盤から攻勢だった。雨の中でのこの日の試合で、ブラジルは韓国戦で見せた華麗なドリブルよりもミドルシュートを放つ場面が目立った。米国のESPNによると、ブラジルはシュート21本、有効シュート5本であるのに対し、日本は有効シュートが1本もなかった。

前半2分、ネイマールのヒールパスからのパケタのシュートがゴールポストに弾かれた。前半10分にはフレッドの左足ミドルシュートが枠の上を通過し、前半26分にはネイマールのゴール右隅を狙ったシュートがGKの好セーブに阻まれた。後半も似た流れだったが、日本のきめ細かな守備を崩せなかった。

スコアは後半32分に動いた。交代投入されたヒシャルルリソン(エバートン)が後半28分、日本のペナルティエリア内に走り込む際、日本の選手に足に掛かってPKを獲得した。キッカーのネイマールはGKの逆を取ってゴールを決めた。ネイマールは得点後、パケタとサンバを踊るパフォーマンスを見せた。

ネイマールは韓国戦でもPKで2得点した。ネイマールは日本戦で通算9得点目となり、またも「日本キラー」の姿を見せた。また、Aマッチ74得点目で、ブラジルの「サッカー皇帝」ペレが持つブラジル歴代Aマッチ最多得点(77得点)に3点差まで迫った。日本も反撃を見せたが、同点ゴールはならなかった。

11月に開幕する2022カタールワールドカップ(W杯)本大会で日本はスペイン、ドイツ、コスタリカ-ニュージーランド大陸間プレーオフ(PO)勝者とE組で対戦する。日本は今月、ガーナ(10日)、チリまたはチュニジア(14日)と続けて親善試合を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP