주요 기사 바로가기

韓国の結核患者、昨年2万2904人…依然としてOECD1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.27 08:50
0
昨年保健当局の結核疫学調査を通じて確認された新規結核患者が250人近くに達した。彼らの中で3分の2は既存結核患者の家族で一般人より16倍も発病率が高いことが分かった。反面、学校や職場などで患者と接触して結核に感染する事例は新型コロナの影響にさらに減った。

疾病管理庁(疾病庁)が26日まとめた「2021年結核疫学調査統計集」によると、昨年累積結核患者は2万2904人となった。患者の中で学校、職場など集団施設に所属した事例は31%にあたる7161件で、残りの1万5743件は個人患者事例だった。国内結核患者数は2020年(2万5350人)と2019年(3万34人)に比べて大幅に減ったが、依然として経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では最も多く発生している。

昨年結核患者の家族や同僚、友達など接触者を対象に実施した疫学調査では243人の追加結核患者が発見された。結核は結核菌により発生する呼吸器感染病で、せき・くしゃみ、会話などを通して感染する。

結核患者と3カ月前から同じ空間で生活した家族接触者の疫学調査では158人の結核患者が発見された。家族内発病率は一般人より16倍高い水準だと疾病庁は説明した。その間疫学調査では結核患者の供述に依存して家族接触者を把握したが、昨年から行政情報共同利用網に連携して同居人数の確認手続きを強化した。このような影響で家族接触者の中で追加結核患者は2020年(126人)より25%増えた数値を記録した。

学校、職場など集団施設疫学調査では85人の追加結核患者が発見された。2020年(102人)より16.7%減った。集団施設疫学調査で追加で発見される患者は毎年減少傾向だ。全体結核患者数が減り、集団施設で感染する患者自体も減っているためだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP