주요 기사 바로가기

【米大統領訪韓】親指立てたバイデン…最初の日程でサムスン半導体工場を訪問した理由(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.21 12:42
0
バイデン米大統領は就任後初めて韓国を訪問し、真っ先にサムスン電子半導体工場へ向かった。バイデン大統領は20日午後5時21分、烏山(オサン)米空軍基地に着陸したエアフォースワンから降りた後、すぐにサムスン電子半導体平沢(ピョンテク)キャンパスを訪れた。キャンパス内の事務2棟1階のロビーで尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がバイデン大統領を迎えた。韓米首脳が最初の対面だった。両国首脳は芳名録ではなく、まず半導体材料の3ナノ(nm、10億分の1m)ウェハーにサインした。

バイデン大統領と尹大統領は李副会長の案内で半導体工場を見回った。22分間ほどの視察中、バイデン大統領は工程に深い関心を表し、両手の親指を立てながら称賛した。続いてサムスン役職員ら約500人の前に立った。バイデン大統領は「これは私の今回の訪問で縁起がよいスタート」とし「両国が共に建設することができ、必ず建設しなければいけない協力と革新の未来を象徴するからだ」と述べた。

続いて「サムスンが作る最先端半導体チップは驚く成果」とし「この小さなチップが我々を次世代の人類の技術発展に導くカギであるため」と話した。バイデン大統領は人工知能、量子技術、5Gを例に挙げた。

バイデン大統領は、サムスンが昨年5月にテキサス州テイラー市への170億ドル(約20兆ウォン)投資を発表したことに謝意を表した。バイデン大統領は「世界で最も進んだチップを作るこのような施設がテイラー市に入ってくる」とし「この投資でテキサス州に先端技術関連の雇用が3000件ほど創出される」と述べた。サムスンが米国で創出した雇用2万件に追加されると説明した。

こうした投資はサムスンにも利益になるという点を強調した。バイデン大統領は「賢明な事業決定だという点を明確にしておきたい」とし「米国でよく使われる表現のように計算機をたたかずに170億ドルを投資することはないはず」と話した。

米国は世界1位の投資国であり、高級労働力、革新・企業家精神、透明で予測可能な法の制度を持つと強調した。サムスンがチップを生産するのに必要な多くの技術と設備は米国で設計されて生産されるという点を指摘した。バイデン大統領は「両国は世界で最も優秀で発展した技術を開発するために協力する」とし「この工場はその証拠だ」と語った。

バイデン大統領は半導体同盟の重要性を強調した。バイデン大統領は「我々と価値を共有しない国に我々の経済と安全保障を依存しないよう重要なサプライチェーンを確保する必要がある」とし「これを韓国のように価値を共有するパートナーと協力しなければならない」と述べた。両国関係と全面的な協力を強化することが共同繁栄と21世紀の競争でリードする方法という発言もした。

バイデン大統領にとって半導体は、米国が中国の浮上を抑えて世界のリーダーの地位を維持するうえで必須の原動力だ。韓国、日本、台湾のような半導体生産強国の民主主義国家で「半導体同盟」を構築し、産業サプライチェーンを再編するという構想を持つ。いわゆる「技術民主主義国家(techno-democracies)」が協力して中国の浮上に対応し、米国は技術超強大国の地位を維持するということだ。

バイデン大統領は昨年4月、ホワイトハウスに半導体業界の最高経営責任者(CEO)を招待して半導体サプライチェーンの回復を議論する会議を開いた。半導体産業に積極的に投資して米国の競争力を高め「米国が重要技術(critical technologies)分野で世界的なリーダーとして残れるようにする」と述べた。米国は半導体設計では依然として世界最高の技術力を誇るが、生産の主導権は台湾や韓国に渡った状態だ。 【米大統領訪韓】親指立てたバイデン…最初の日程でサムスン半導体工場を訪問した理由(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【米大統領訪韓】親指立てたバイデン…最初の日程でサムスン半導体工場を訪問した理由(1)

    2022.05.21 12:42
    뉴스 메뉴 보기
    20日、京畿道平沢(ピョンテク)のサムスン電子半導体工場を視察し、親指を立てて写真撮影をする尹錫悦大統領とバイデン大統領。 大統領室写真記者団
    TOP