주요 기사 바로가기

議論だけ生み不発に終わった文前大統領とバイデン大統領の会合…いったい何があったのか

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.19 18:02
0
20~22日のバイデン米大統領の訪韓日程に合わせて推進された文在寅(ムン・ジェイン)前大統領との会合が訪韓を前日にした19日に白紙となったことがわかった。

文前大統領側関係者は中央日報との電話で「バイデン大統領の訪韓期間中の文前大統領との面談ができなくなったという決定をこの日午前に米国側から伝えられた。米国首脳が初めて韓国の前大統領とまで会うのは両国の堅固な同盟関係を確認する次元でも良い前例になれたのに残念だ」と話した。

文前大統領側によると、バイデン大統領との会合と関連した議論は3月9日の大統領選挙前の2月から進められていた。

議論過程に関与してきた元高位当局者はこの日中央日報に「バイデン大統領側がクアッド(日米豪印の安全保障の枠組み)首脳会議の際に訪韓し退任する文前大統領に会いたいとの意向を伝えてきた。当時青瓦台(チョンワデ、大統領府)が『現職大統領同士の会談が最も重要なので新大統領との公式日程が終わった後に追加日程調整が可能ならばソウルに行って会いたい』と前向きに応じて会合が推進されてきた」と話した。

彼は続けて「バイデン大統領が提案した会合は昨年合意した韓米共同宣言の連続性を再確認し、互いに謝意を示す次元だった。最近一部で出ている対北朝鮮特使議論をはじめ、バイデン大統領が梁山(ヤンサン)を訪ねて文前大統領に会うだろうなどという主張は全く事実関係と合わない」とした。

外交界では「双方が推進した会合の背景や趣旨とは全く異なる主張が出てきた先週末を基点にホワイトハウスで文前大統領との会合に対する否定的な気流が大きくなったものと理解する」という話が出ている。結局文前大統領との会合を先に提案したホワイトハウスは訪韓直前の18日にジェイク大統領補佐官(国家安全保障担当)を通じて「現時点で文前大統領と会うスケジュールは持っていない」と明らかにした。

米国は結局訪韓を翌日に控えたこの日、スケジュールが詰まっていることなどを理由に文前大統領に了解を求めてきた。文前大統領側も「現職首脳同士の会談が最も重要だ」として会合取り消しに対する追加説明も要求しなかったという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    議論だけ生み不発に終わった文前大統領とバイデン大統領の会合…いったい何があったのか

    2022.05.19 18:02
    뉴스 메뉴 보기
    文前大統領
    TOP