주요 기사 바로가기

尹大統領「部屋にいつでも来てほしい」…ホワイトハウスをモデルにした執務室、机には「ホットボタン」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.12 10:44
0
「私の部屋に隔意なくいつも来てほしい」。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が11日午前、大統領室5階会議室で開いた最初の首席秘書官会議で「自分の執務室にただ座っていれば仕事は正常に進まない」とし、このように述べた。そして尹大統領は「秘書官、行政官、また我々の首席秘書官があちこちの部屋を回りながら、他の分野の業務をする人たちと絶えず意思疎通をし、本当に靴底がすりへるほど動かなければいけない」という話もした。

この日の尹大統領の発言は、参謀が業務の共有および意思疎通を円滑にしてこそ仕事が正常に進むという趣旨で述べた言葉だ。特に尹大統領は「私の執務室に隔意なく来てほしい」とし、参謀と気兼ねなく意思疎通する考えを明らかにした。大統領室の関係者は「すでに業務引き継ぎ委員会の時から秘書官級の人たちも次期大統領の部屋に随時出入りし、担当業務を直接説明してきた」とし「首席秘書官以上だけが大統領と単独面談して報告する方式の業務処理の慣行は尹錫悦政府では見るのが難しいだろう」と話した。

前日に公開された大統領執務室の写真をみると、尹大統領専用有線電話機にはすでに主要参謀の職責が付いた、いわゆる「ホットライン」ボタンが用意されていた。この関係者は「尹大統領は『執務室でもいつでも必要ならボタンを押して実務陣と随時対話する。座っている席からすぐに数人をつないで会議をする米国式業務モデルを実現しよう』という考えを周囲に伝えていた」と説明した。

こうした変化は大統領執務室を従来の青瓦台から龍山(ヨンサン)国防部庁舎に移すことにした当時から予想された。当時、尹大統領は参謀に「青瓦台に行く瞬間、私もそこに染まってしまいそうだ」とし、いわゆる「宮廷」と呼ばれてきた青瓦台行きを拒否したという。

龍山に大統領室を移転した後、大統領の随時意思疎通構想のための「ハードウェア」変化が生じたのもこのためだという。大統領執務室がある5階は現在、米ホワイトハウス「ウエストウイング(執務棟)」形式の開放型空間に変わった状態だ。

大統領執務室から時計回り方向に警護処長室、国家安保室長室、秘書室長室、政務・市民社会・広報・経済・社会首席秘書官室が並んだ。大統領が呼べばいつでも対面できる構造だ。また別の大統領室関係者は「大統領執務室と主要参謀事務室を一つの空間に置いたのは『庁舎の建物が狭くても空間をうまく活用して意思疎通を円滑にすべき』という尹大統領の指示に従った」と伝えた。

執務室に置かれた円卓も参謀と隔意なく意思疎通するための装置の一つだ。尹大統領は就任当日の10日、1号案件である韓悳洙(ハン・ドクス)任命同意案提出の件を決裁した直後、秘書室長および首席秘書官と共に円卓に囲んで座り、就任式関連の話をした。続いて同じ席で参謀と共に昼食を取った。当初、金大棋(キム・デギ)秘書室長と金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長だけが共に昼食を取る計画だったが、尹大統領の即席の提案で人数が増えた。

尹大統領は検事時代から「格式ばらない随時対話」を強調し、円卓を好んだ。過去に尹大統領と仕事をした弁護士は「ソウル中央地検長、検察総長在職当時にも、重くて広いテーブルや大きなソファが置かれた大型会議室ではなく、簡素な円卓に座って気楽に話すことを好んだ」とし「指揮ラインの部長検事の代わりに、平検事の直接報告を好んだのも特徴」と話した。尹大統領は大統領候補当時にも「昔の時代でもないのに不便だ」とし、秘書室の四角い机を円卓に取り替えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領「部屋にいつでも来てほしい」…ホワイトハウスをモデルにした執務室、机には「ホットボタン」

    2022.05.12 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦第20代大統領の就任式が行われた10日、ソウル龍山に新設された大統領執務室。大統領の電話機には主要参謀とすぐに連絡が取れる、いわゆる「ホットライン」ボタンが付いている。 カン・ジョンヒョン記者
    TOP