주요 기사 바로가기

【社説】韓国新政府発足の前、北朝鮮の時代遅れの挑発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.09 11:11
0
北朝鮮が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の就任式を3日前に控えた7日、咸鏡南道新浦(ハムギョンナムド・シンポ)で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。合同参謀は飛行距離約600キロ、高度60キロ余りだと分析した。飛行距離470キロ、高度780キロ、最高速度マッハ11大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射して3日ぶりだ。今年に入って15回目の挑発だ。新政府発足とジョー・バイデン米国大統領の訪韓(21日)を狙った段階的な挑発で「7回目の核実験」という頂点に向かって疾走する勢いを見せている。

これに先立って、14回にわたる試験発射で極超音速ミサイルなど韓米迎撃網を突き抜ける新型ミサイル4種セットを公開した北朝鮮は今回のSLBM試験発射を通じては韓半島全域を攻撃可能な対南攻撃型武器体系の技術的完成を誇示した。昨年10月発射以来迎撃がさらに難しくなるように性能を改善し、戦力化も差し迫ったというのが韓国軍当局の評価だ。今後戦術核の搭載も可能だと見通している。

金正恩(キム・ジョンウン)委員長は先月25日「われわれの核が戦争防止という使命に束縛されているわけにはいかない」と話した。今は北朝鮮の挑発を直接的かつ現実的な脅威のレベルで見るべき状況だ。挑発と脅威で韓国政府を飼い慣らし、米国本土を打撃する核能力の誇示で身代金を高めようとするのは北朝鮮が1980年代核開発に出て以来使い続けてきた古い戦術だ。ウクライナ侵攻以降、ロシアと中国が国連レベルでの対北朝鮮制裁の強化に反対する可能性が大きい状況を最大限活用しようとする狙いもあるようだ。核兵器を高度化し、これをテコにして「ハノイ談判」式の舞台を召還しようとする可能性もある。

だが、韓米政府には北朝鮮が核交渉で見せた「欺罔」の歴史を振り返る人々が多い。韓国次期大統領の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は一昨日インタビューで「見せかけの成果があるだけで非核化や北朝鮮に対する経済の支援に実質的結果がなければ、北朝鮮の非核化、南北関係の進展にそれほど役に立たないと思う」と述べた。バイデン大統領は2週間後にソウルで開かれる韓米首脳会談で同盟を強調して強力な対北朝鮮抑止を約束するだろう。

新型コロナを国境封鎖で防いできた北朝鮮の経済は深刻な状況だ。2020年国内総生産(GDP)が1990年代飢謹以来最も大きい幅である4.5%下落した。先月発生した開城(ケソン)工業団地の火災は北朝鮮当局が無断稼動しようとして起きた事件だという報道もある。挑発をやめて対話に出れば開城工業団地は稼動できるはずなのに、この上愚かなことがない。北朝鮮の経済が崩れれば金正恩政権も無事でない。時代遅れの手法を捨てなければ生き残ることはできない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】韓国新政府発足の前、北朝鮮の時代遅れの挑発

    2022.05.09 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が7日、咸鏡南道の新浦沖から東海(トンヘ、日本名・日本海)上に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。昨年10月試験発射に続く今回の試験発射で性能改良および技術的安定性を確保したという。写真は昨年10月、発射数日後に労働新聞が公開した写真。[中央フォト]
    TOP