주요 기사 바로가기

【コラム】韓中関係の悪化は韓米同盟の発展にも良くない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.03 11:53
0
韓国は米国が世界戦略で主導してきた価値外交の最大の受恵者として短期間で経済発展と民主主義を成し遂げた数少ない国の中の一つだ。そこで、韓国は軍事安保だけでなく自由民主主義と市場経済を韓米同盟の大切な資産として育てていけば、世界的民主主義発展と拡大のために有意義に寄与する責務がある。

例えば、韓国政府は国連会員国であるミャンマーの軍部クーデターを強く非難し、国際的な制裁にも積極的に参加している。韓国は米国が主導する民主主義共同体(Community of Democracies)にも建設的な貢献すべきだ。北朝鮮の人権状況の改善のための国際的努力にも韓国が積極的に参加することが統一に備える意味でも望ましい方向だ。また、韓国は開発途上国のガバナンス向上に向けた支援と協力を増大することで民主主義の発展に向かった土壌を肥沃にすることにさらに貢献する必要がある。

ただし、韓国の国家規模と地政学的・状況学的制約などにより韓国が米国の民主主義の拡大への努力に全面的に参加するのは国益と現実外交(realpolitik)の側面を考えると簡単ではないことだ。特に、韓国政府が最大の貿易相手国であり、韓半島(朝鮮半島)と国境に接した中国の自由と人権状況を批判するためには韓国の国益に及ぼす影響があまりにも大きい。中国人権問題で韓中関係が悪化すれば、わが経済と安保にも否定的な影響を及ぼすだろう。これは韓米同盟の持続的な発展のためにも望ましくない。

韓国の経済力が強くてこそ韓米同盟も強固に続けられ、韓国政府が国民の高い支持の中で同盟の建設的かつ積極的なパートナーの役割を果たせる環境が作られる。したがって、わが国益と包括的韓米同盟の発展のためにも親米か、親中かのゼロサム的思考の枠組みから抜け出すのが重要だ。

今は強固な韓米同盟を土台にして韓中戦略的パートナーシップを発展させるという先循環的な志向点を持つのが重要だ。まず韓米同盟強化のために急がれるのは自由民主主義と市場経済を共有している日本との関係を早急に回復することだ。これは価値外交の側面でも重要だ。

何より韓国が世界民主主義の発展と拡大のために果たすべき役割は自由民主主義が自由と人権だけでなく社会安定と国民の暮らしを豊かにする最も立派で持続可能な価値ということを立証することだ。そのためには、選挙戦略を越えて国家の発展を最優先にする賢明なガバナンスを通じて民主主義のコストを最小化し、繁栄する韓国を作ることが10日発足する尹錫悦(ユン・ソクヨル)行政府に与えられた最も大事な任務だ。

最後に、韓国国民はもう世界から認められる韓国の民主主義に対する自負心を持つ時になった。数多くの難関と個人的な犠牲を押し切って驚異的な経済発展と民主主義を成し遂げた主役は韓国国民であるためだ。

李赫(イ・ヒョク)/元駐ベトナム韓国大使 【コラム】韓中関係の悪化は韓米同盟の発展にも良くない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP