주요 기사 바로가기

【中央時評】文在寅の懺悔、尹錫悦の寛容

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.14 14:09
0
新政権発足をおよそ1カ月後に控えた時期の検察捜査権完全剥奪(検捜完剥)対立は新旧権力の正面衝突の予告編だ。民主党は陣営内部に向けて強いメッセージを発信している。「選挙に負ければ、ない罪を作って政治報復する」(李在明候補)という「予言」が近く現実として到来するかのように、恐怖のアドバルーンを揚げている。

民主党政権はわずか1年前、腐敗・経済など6大犯罪だけを検察が直接捜査し、残りは高位公職者犯罪捜査処と警察が分担するという捜査権調整案を強行処理した。しかし権力交代を控えて突然、検察が6大犯罪捜査からも完全に手を引くよう動き始めた。検察の代わりにどこが捜査するのかも準備できていない水準未達の法改正案を無理に強行している。

名分もなく純粋性も疑われる検捜完剥には政治報復という恐怖がある。事実かどうかはともかく、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を岩から飛び降りるようにした原罪が「政治検察」の強引な捜査にあるという集団的な信念が政治報復の機制を稼働させた。政治報復を防ぐには検察を改革すべきだという主張は分かる。しかし理解できないのは、あれほど検察権の乱用を憎悪しながらも、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)両元大統領を監房に入れるのに検察を大いに利用した点だ。卑劣な権力の2つの顔だ。しかし20年間執権という希望が水の泡となり5年で権力を譲ることになると、頭の中が複雑になった。蔚山(ウルサン)市長選挙介入、月城(ウォルソン)原発の経済性改ざん、大庄洞(デジャンドン)開発不正、法人カード流用疑惑など重なり積もった捜査ファイルが、検察に対する恐怖を呼んだのかもしれない。血が血を呼ぶ復讐劇が押し寄せてくるという誇張された恐怖心とコンクリート支持を送る熱烈支持層に囲まれ、最後の砦であるべき集団知性までもまひさせた形だ。

0.73%ポイントの差で辛勝した新権力と40%台のコンクリート支持率で結集した旧権力。激しく対立するこの2つが衝突すれば国民は不幸になる。代々の復讐と報復、2つの陣営に割れた国民、国益失踪政治は私たち自身を破滅させるだけだ。このような不幸を防ぐには、元大統領を監房に送る政治報復の悪循環のもう断ち切らなければならない。尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領がこの課題を成し遂げることを望む。もしかすると、これが検察総長から大統領に直行した尹次期大統領に与えられた宿命なのかもしれない。国会議員を一度も経験していない尹次期大統領が政治入門9カ月で大統領に当選したことで、政権交代を渇望した保守陣営はすでに半分の希望を成し遂げた。残りは出馬会見当時に明らかにしたように公正と常識が回復した富強の大韓民国をつくることだ。容易でない課題だ。しかも国民の半分に背を向ければ達成できない。こうした点で尹次期大統領が同じ検察出身の最側近である韓東勲(ハン・ドンフン)司法研修院副院長を法務長官候補者に指名したのは、誤解を招きかねない慎重でない接近だ。

金大中(キム・デジュン)元大統領が残した寛容と節制の精神を胸に刻んでほしい。大統領に就任すると、自身に死刑宣告をして政治的に弾圧した全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領を赦免復権し、朴正熙(パク・ジョンヒ)大統領記念館の建設を率先して推進した。金大中元大統領が残した言葉がある。

「英国は1649年の清教徒革命当時、国王チャールズ1世を処刑した。しかし政敵に対する報復は混乱と内紛をもたらした。その結果、クロムウェルというさらに深刻な独裁者が出現した。その後、1688年の名誉革命ではジェームズ2世を追放したが、フランスに逃げるよう退路を開いた。ジェームズ2世は3代にかけて王権を修復するとして英国政府を苦しめたが、政治報復で受ける政治・社会的な後遺症と比較すればむしろその方がよいと判断したのだ…ルイ16世と王妃の国外脱出を防いで処刑したフランスやニコライ2世の一家を処刑したロシア革命と比較すると、英国の決断は賢明で偉大だった。英国は寛容と秩序の中で議会政治の花を咲かせることができた。英国人の容赦と和解を思い出し、本当につらかったが彼らを許した」(『金大中自叙伝』2)。

まもなく青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)を離れる文在寅(ムン・ジェイン)大統領も最後にやるべきことがある。在任中の過ちと失敗について国民の前で懺悔することだ。文大統領は不動産、コロナ、チョ・グク事態、北朝鮮の核問題など内政から外治にいたるまで過ちを一度も真摯に謝罪したことがない。選択的謝罪、選択的沈黙、選択的怒り、選択的正義、選択的公正の態度を見せた。国民を富裕層と貧困層、賃貸人と賃借人、資本家と労働者、医師と看護師、親日と反日、女性と男性に分裂させた。熱烈支持者の文字メッセージ爆弾を容認することで、民主主義が脅かされ、公論の場が荒れるのをほう助した。その結果は大統領の高い支持率(43.2%、4月11日、ギャラップ)と5年での政権交代だ。

カトリック信者の文大統領は懺悔の意味をよく知るはずだ。それは逸脱していた神との和平関係を再び回復するところにある。同じように、大韓民国を過去5年間統治した大統領として、国民との関係を正常回復するには懺悔を避けてはいけない。論争が多い検捜完剥法案は拒否権を行使するのが道理だ。時間はあまり残っていない。

イ・ジョンミン/論説室長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【中央時評】文在寅の懺悔、尹錫悦の寛容

    2022.04.14 14:09
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏
    TOP