주요 기사 바로가기

K-POPから進化した日本アイドル「家族の皆がBTSのファン、私の夢を支えてくれた」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.04.08 15:01
0
K-POPの成功に対する日本音楽業界の反応は両面的だ。業界関係者によると、日本メディアは「K-POP」という言葉をほとんど使わない。BTSの成功を紹介するとき、アーティスト固有の魅力に対しては関心が多いが、K-POPという点を特に強調するわけではない。それよりK-POPアイドルグループ内の日本人メンバーに対する関心が集まる。TWICE(トゥワイス)の日本人メンバー、サナ・ミナ・モモ、aespa(エスパ)のジゼルなどが代表的だ。

韓日両国関係にはいつもある程度の緊張があり、JO1、INIのようなグループは気を遣うことが多い。田島と鶴房も韓国と日本を比較する質問に特に気をつけた。「やっている音楽がK-POPなのか、それともJ-POPなのか」を尋ねると、田島は「K-POPとJ-POPどちらかというよりは両方の良い部分が交わって私たちが作られたのだと思う」とし、「いろんなジャンルを組み合わせて曲を作る点が面白く、やりたいパフォーマンスと音楽をやっているだけ」と話した。鶴房は「少し恥ずかしいが、JO1の音楽ジャンルはJO1」と話した。

最近では日本の大衆音楽界でも日本の外に進出しようとする動きが現れる。日本の最も大きなアイドル事務所であるジャニーズは最近、ジャニーズJr.の7人組アイドルグループTravis Japan(トラビス・ジャパン)の全員を米国に留学させると発表した。米国の次に大きな音楽市場を持っているので海外開拓の必要性を感じることができなかった日本音楽産業で目につく変化だ。K-POPが日本と世界で成し遂げている成果がどのような方式であれ刺激になったという分析だ。チャン・ヒョクジンCOOは「日本国内でうまくいけばとても成功するチャンスがあり、事務所はその間世界的な成功のための努力を全くしなかった」として「ところが、最近では大きな事務所を中心にグローバル進出を模索する動きが見える」と話した。 K-POPから進化した日本アイドル「家族の皆がBTSのファン、私の夢を支えてくれた」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    K-POPから進化した日本アイドル「家族の皆がBTSのファン、私の夢を支えてくれた」(2)

    2022.04.08 15:01
    뉴스 메뉴 보기
    2020年12月、東京渋谷にある「SHIBUYA109」の外壁にJYPガールズグループ「NiziU」の大型写真が掲げられている。メンバー全員が日本人でJYPのパク・ジニョン代表が直接選んだ。ユン・ソルヨン特派員
    TOP