주요 기사 바로가기

韓国叩くNYT「防疫厳格だったのに…1日の感染者1位に集団無関心」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.20 12:07
0
ニューヨーク・タイムズが最近1日の新型コロナウイルス感染者数60万人を超えた韓国のパンデミック状況に注目した。同紙は「韓国は世界で最も積極的防疫政策を実施した国」としながらも、現在世界1位の1日感染者数を記録する状況にも「集団的無関心で対応している」と伝えた。

同紙は17日、「韓国の急増する新型コロナウイルス感染者数が集団的無関心と出会った」という記事でこのように伝えた。

同紙は「人口5000万人の国で1日60万人を超える感染者が発生した。オミクロン株が触発した流行はこれまで韓国が経験したあらゆる流行を凌駕する」と説明した。

同紙は韓国が前例のない規模の感染者数増加を経験しているが、政府は防疫指針と国境政策を緩和する案で対応していると伝えた。一時マスク義務化措置、検査・追跡・隔離など厳格な防疫政策を展開したのとは全く違う姿と指摘される。

これに対し同紙は「韓国政府は自分たちの防疫政策を『K防疫モデル』と呼んで広報した。いまや政府も厳格な防疫と距離を置いている状況」と伝えた。

このように雰囲気が変わった理由に対し同紙は高強度防疫政策により蓄積した疲労のためとみた。

対外経済政策研究院のチャン・ヨンウク氏は同紙に「市民にこれ以上忍耐心が残っていない。市民の協力を得るために感染症のリスクをやや誇張してきたが、協力も一種の資源だ。いまや(協力は)ますます枯渇しているようだ」と分析した。

同紙は韓国の医療専門家がこうした緩和ムードに懸念を示したとも伝えた。感染者が大きく膨らみ、医療陣が感染し、病棟飽和で医療体系が崩壊しかねないという点を指摘した。これと関連して嘉泉大学吉病院感染内科のオム・ジュンシク教授は同紙に「防疫措置緩和は感染拡大傾向がピークを過ぎてからすべきだった」と話した。

実際に韓国政府は21日から防疫指針を一部追加で緩和するという決定を下した。保健福祉部のクォン・ドクチョル長官は18日の中央災害安全本部会議で「オミクロン株の流行と医療対応体系の負担、そして流行のピーク予測の不確実性を考慮すると社会的距離確保を大幅に緩和するには懸念が大きい状況。私的な会合の制限をこれまでの6人から8人に調整する」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP