주요 기사 바로가기

「李在明氏の緊急出国禁止要請」 韓国大統領府請願に一日で5万人同意

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.10 15:06
0
韓国の第20代大統領として尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が当選を確定した10日、落選した与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補の出国禁止を要請する国民請願文が掲示された。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願掲示板によると、この日「李在明氏の緊急出国禁止を要請する」と題した請願が登録された。

請願人は「大統領選挙が終わり、大庄洞(テジャンドン)開発不正および最高裁判事買収疑惑に対する捜査が始まる」としながら「李在明氏(57歳・前科4犯)はもちろん犯罪などは犯すはずはないが、万に一つ、大統領選挙の敗北喪失感で外国へ旅行に出れば国民が大きな誤解をしないだろうか」と序文を始めた。

続いて「李在明氏は本人が言及している通りまだ若く、江原道(カンウォンド)に山火事が起きても新村(シンチョン)で(選挙運動のために)ダンスを踊るほど活力みなぎる人」としながら「もし裁判で懲役10年を受けて労役を全うして出所しても67歳で、本人が民主党に復帰させた鄭東泳(チョン・ドンヨン)氏より一歳も若い」とした。

あわせて「このように若く、国家の大切な資産が海外に出て行って国際犯罪組織に拉致でもされたら国家的にも大きな損失ではないか」とし「そのうえ一部の非常識な政治家夫婦のように、税金で小間使いのように働かせることができる5級・7級公務員がいるわけでもないのに、もし李在明氏の妻が異郷万里の外国の地に行けばどれほど苦労が多いか」と付け加えた。

請願人は「したがって政府は以上のようなさまざまな事態を未然に防ぐことができるように李在明氏とその家族に対する出国禁止命令を先制的に下してほしい」とし「もしそれでも李在明氏が選挙結果に対する精神的外傷を訴えるなら、精神病院に強制入院させて積極的に治療してほしい」と皮肉った。

京畿道城南市大庄洞(キョンギド・ソンナムシ・テジャンドン)開発不正疑惑と李氏の配偶者キム・ヘギョンさんの法人カード私的流用、李氏の実兄強制入院問題などに対して遠回しに指摘して作成された該当の請願は、統領当選者が発表される直前に登録された。請願は掲示から12時間で5万人以上の同意を得た。

李氏は今回の大統領選挙で47.83%の表を獲得し、48.56%を記録した野党「国民の力」から出馬した尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補に0.73%ポイント(24万7077票)差で破れて落選した。李氏この日明け方、汝矣島(ヨイド)民主党本部事務所で記者会見を開き、「すべては私が不足していたため」としながら「最善を尽くしたが期待に応えることができなかった」として結果を承服した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「李在明氏の緊急出国禁止要請」 韓国大統領府請願に一日で5万人同意

    2022.03.10 15:06
    뉴스 메뉴 보기
    与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補の出国禁止を要請する国民請願文・[写真 青瓦台国民請願掲示板]
    TOP