주요 기사 바로가기

文大統領、三一節記念式で「臨時政府の偉大な遺産…韓日協力は現世代の責務」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.01 13:43
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が三一節(独立運動記念日)記念式に出席し、「コロナ危機の中で国際秩序が揺らいでいる」とし「力で覇権を握ろうとする自国中心主義が台頭し、新冷戦の懸念も強まっている」と述べた。ウクライナを侵攻したロシアに迂回的に言及しながら覇権主義の問題を指摘し、事態の平和的解決を促すメッセージとみられる。

文大統領は1日、ソウル西大門区(ソデムング)の国立大韓民国臨時政府記念館で開催された第103周年三一節記念式で「過去100年間、我々は三一独立運動と臨時政府が夢見た民主共和国を実現させた」とし「三一独立運動と大韓民国臨時政府は先祖が我々に譲り渡した偉大な遺産だ」と述べた。

そして「我々は民主共和国の大韓民国の根を決して忘れない」とし「植民地と戦争を経験した貧困国の大韓民国は、清渓川(チョンゲチョン)の小さい作業場で、ドイツの慣れない炭鉱と病院で、砂漠の焼き付ける日差しと全国各地の産業現場で国民一人一人が流した汗で先進国になった」と強調した。

続いて「釜山(プサン)と馬山(マサン)で、5月の光州(クァンジュ)で、6月の広場とろうそく革命まで民主主義を守ったのも、平凡な国民の力だった」とし「わが政府も国民の力で誕生した」と話した。

文大統領は「大韓民国は世界10位の経済大国、グローバル輸出7位の貿易強国、総合軍事力世界6位、革新指数世界1位の堂々たる国になった」とし「三一独立運動の精神が今日の我々に与える教訓は、強大国中心の国際秩序に振り回されず、我々の歴史を我々が主導していく力を持たなければいけないということ」と述べた。

そして「我々は今、危機を機会に変えて新たに飛躍している」とし「経済が見えない時代にグローバルサプライチェーンの困難を解決するなど、我々には多国間主義に立脚した連帯と協力を先導する力量が生じた」と語った。

続いて「我々がさらに強くなるために必ず必要なのが韓半島の平和」とし「三一独立運動には南北がなかった。多くの勢力が臨時政府と共にし、左右を統合する連合政府を成し遂げた」と振り返った。

また「まず我々が実現させるべきことは平和」とし「韓国戦争(朝鮮戦争)とその後に我々が経験した分断の歴史は、対決と敵対でなく対話だけが平和をもたらすという事実を教えた」と強調した。

文大統領は「わが政府は発足当時、北核危機の中、劇的な対話を通して平和を実現させることができた。しかし我々の平和は脆弱だ。対話が途絶えたため」とし「平和を持続させるための対話の努力が続かなければならない」と明らかにした。

◆「日本先進国としてリーダーシップを」

文大統領は「韓日両国の協力は未来の世代のための現世対の責務」とし「我々の先祖は三一独立運動宣言で『長い怨恨』と『一時的な感情』を克服し、東洋の平和のために共にしようと日本に提案した。今の我々の心も同じ」と述べた。

続いて「困難が多い今、隣国の韓国と日本が『一時不幸だった過去の歴史』を踏んで、未来に向かって協力しなければならない」とし「韓日関係を越えて日本が先進国としてリーダーシップを持つことを心から望む。そのために日本は歴史を直視し、歴史の前で謙虚でなければいけない」と話した。

文大統領は「わが政府は地域の平和と繁栄はもちろん、コロナと気候危機、そしてサプライチェーン危機と新しい経済秩序にいたるまで全世界的な課題の対応に共にするため、常に対話の扉を開いておく」とし「独立の熱気で熱く燃えた1919年の春、苦難と栄光の道を堂々と歩み、我々の偉大な歴史となった烈士に敬意を表する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、三一節記念式で「臨時政府の偉大な遺産…韓日協力は現世代の責務」

    2022.03.01 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP