주요 기사 바로가기

「ロシアは本当に侵攻したのか」西側メディア追及に、中国「あなた方のこのような文化を嫌悪する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.25 09:22
0
中国が24日、ウクライナ軍事攻撃を強行したロシアの肩を持ち、米国に反対する立場を鮮明にした。

中国外交部の華春瑩報道官はこの日の定例記者会見で「ロシアが中国の背後支持を受けていると米国が暗に示したことについて、ロシアはこのような主張を聞いて不愉快に思ったと信じている」と述べた。この日、米国務省のネッド・プライス報道官が中国はウクライナ問題でロシアが譲歩するように求める義務があると明らかにしたことに対して、中国側の立場を聞く中国中央テレビ(CCTV)記者の質問に答えながらだ。華報道官は「ロシアは安保理常任理事国であり、独立自主の大国で、ロシアは自身の判断とその国家利益に基づいてその外交と戦略を自主的に決めて実施している」としてロシアを擁護した。

中国がロシア糾弾に同調しないという立場も明確にした。華報道官は「中露関係は『非同盟、非対抗、第三国を狙わない』という基礎の上に築かれている」とし「イデオロギーで線を引き、『小集団』の徒党を組んで、集団政治、対決と分裂を助長する米国と根本的に質的に違う。『友さもなくば敵』という冷戦的思考といわゆる同盟と『小集団』を寄せ集めるやり方に中国は興味もなく、真似るつもりもない」と強弁した。

ロシアの軍事行動を「侵攻(invasion)」と認めることもなかった。米国AP、英国ロイター、フランスAFPなど3国の記者がこの日の記者会見で「ロシアの軍事行為を侵略行為または国連憲章違反と考えるか」と食い下がったが、即答を避けた。代わりに「ウクライナ問題は複雑な歴史的警衛があり、情勢変化は各種要因が同時に作用した結果」とし「正確で客観的な認識と、理性的で平和的な解決方案を模索すべきだ。ウクライナ問題の脈絡を理解し、平等かつ相互尊重の基礎の上で、互いに合理的な安保関心に対して適切に対応していかなければならない」という回答だけを繰り返した。

米・英・仏記者の追及が続くと華報道官は「あなた方のこのような文化方式を非常に嫌悪する」とし「今日の質問方式は、現在の中国に対する思考を明らかに見せた国があった。先入観に偏り、汚名を着せようとしている」と抗議した。華報道官は「中国はこれまで平和を薦めて対話を促してきている。今回の事態を作ったのは中国ではない」と反論した。

華報道官の登場も異例だ。華報道官は昨年10月に外交部部長補佐(次官補)に昇進してから5カ月近く定例記者会見に姿を見せていなかった。ウクライナ事態が悪化すると前日に引き続き趙立堅報道官や王文斌報道官に代わって外信記者と舌戦を繰り広げた。

一方、中国はウクライナに残っている中国海外同胞に対して安全注意報を発令した。この日、在ウクライナ中国大使館はホームページとSNSを通じて個人の安全に万全を期すよう呼びかけた。通知文は海外同胞に対して「家に留まるものの、窓やガラスから遠く離れて予想外のケガを避けること」「長距離の車両移動時には中国の国旗をよく見えるように掲げること」など指示した。また「思想的にパニックに陥ってはいけない。大使館は海外同胞と共に力を尽くして問題を解決する」と強調したが、海外同胞撤収支援策については明らかにしなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ロシアは本当に侵攻したのか」西側メディア追及に、中国「あなた方のこのような文化を嫌悪する」

    2022.02.25 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    24日、中国外交部定の例記者会見場である藍庁に大勢の内外信記者が詰めかけた。シン・キョンジン記者
    TOP