주요 기사 바로가기

「恩知らず」ウクライナを怒らせたクロアチア大統領の発言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 10:02
0
ウクライナをめぐる欧米とロシアの葛藤が深まっている中で、北大西洋条約機構(NATO)の一員であるクロアチアのゾラン・ミラノヴィッチ大統領がロシア-ウクライナの間に戦争が勃発すれば介入しないと述べた。これを受け、ウクライナ外務省はクロアチア大使を招致するなど強く反発した。

クロアチアのヒナ通信などによると、ミラノヴィッチ大統領は25日(現地時間)現地報道機関とのインタビューでウクライナの戦争危機に対して「私たちは全く関係がない。クロアチアは有事の際、いかなる軍隊も派兵しない」としながら「(NATOに属した)わが軍人を全員呼び戻すだろう」とした。また「NATOにウクライナの席はない」と付け加えた。

ミラノヴィッチ大統領の発言後、ウクライナ外務省は自国の駐在クロアチア大使を招致して強く抗議した。ウクライナ外務省は「クロアチア大統領はウクライナがクロアチア独立闘争当時支援したことに対して恩知らずの態度を見せた」として「ミラノヴィッチ大統領の個人の意向であり、クロアチアの意向でないと信じている」とした。また、ウクライナはクロアチア大統領の発言に対する覆しと今後再発防止を求めた

クロアチアのアンドレイ・プレンコヴィッチ首相はミラノヴィッチ大統領の発言に対して政府のソーシャルメディア(SNS)を通じて「ウクライナに対するミラノヴィッチ大統領の発言はわが政府の立場でない。代わりにお詫びを申し上げる」と伝えた。クロアチアのグルリッチ=ラドマン外相もドイツの日刊紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングとのインタビューで「ミラノヴィッチ大統領の個人的な発言だった。わが政府はNATOに忠誠する加盟国で、他の加盟国と連携するつもり」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「恩知らず」ウクライナを怒らせたクロアチア大統領の発言

    2022.01.27 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナの国旗 [Pixabay]
    TOP