주요 기사 바로가기

習近平氏、2年ぶりに外賓迎える…五輪外交第1号はバッハIOC会長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.26 16:04
0
25日、中国の習近平国家主席が北京釣魚台国賓館で国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談したと中国中央テレビ放送がこの日報じた。

バッハ会長は、2020年1月28日に習主席が世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と北京人民大会堂で面会して以来、24カ月ぶりに会った外賓だ。習主席は2020年11月、カンボジア国王夫妻と北京で面会したが、当時の面会は周恩来前首相(1898~1976)が贈った北京の住まいに国王が3カ月間留まった後に行われた。また、昨年4月に習主席が29カ国の新任駐中大使から信任状を渡される際に団体で大使らと会ったが、全員厳格な隔離を経た後だった。習主席は2020年1月ミャンマー訪問を最後に、24カ月間、海外歴訪を中断している。

中央テレビのメインニュース「新聞聯播」の画面は医療用N95マスクをしたバッハ会長が中国の国旗がプリントされたマスクをした習主席と1.5メートルほどの距離を置いて記念撮影をする場面から、テーブルに向き合ったまま習主席とバッハ会長だけマスクを取って会談する場面に移った。握手や挨拶の場面はなかった。香港明報は26日、「今年の冬季五輪の防疫が直面した最大の試練は競技のクローズド・ループ管理よりも習近平の健康を保障するところにある」と指摘した。バッハ会長も北京到着後3日間隔離した後に習主席に会ったと聯合ニュースは報じた。

会談で習主席は「簡素で安全で多彩な(simple,safe,splendid)」五輪基調に言及した。習主席は「今回の冬季五輪には約90カ国・地域から3000人余りの選手が参加する」とし「競技種目と金メダル数が最も多い冬季五輪」と自負した。2018年平昌(ピョンチャン)五輪参加国92カ国・選手2920人を凌駕する展望だ。北京冬季五輪は109種目で平昌よりも7種目増えた。歴代冬季五輪メダルランキングで10位圏外だった中国が韓国や日本よりも金メダルの数で上回るのが今回の五輪の目標だと明報は展望した。

バッハ会長との会談を皮切りに、中国のポストコロナ首脳外交が本格化する見通しだ。これに先立ち、習主席がコロナ以降、北京で初めて迎える外国首脳は五輪開幕式への出席を予告したロシアのウラジーミル・プーチン大統領が有力だと香港明報が伝えた。

今までに五輪開幕式への出席を伝えた外国首脳は11カ国に達する。プーチン大統領をはじめ、パキスタン・アルゼンチン・ポーランド・中央アジア5カ国の大統領が出席意思を明らかにした。カンボジア国王、モンゴル首相も出席する予定だ。だが、ポーランド大統領が今月初めにコロナに感染した事実が伝えられ、出迎え準備が非常事態に陥った状態だ。

米国・英国・オーストラリア・日本など主要西側諸国が「外交的ボイコット」を宣言した中で、韓国は黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官が政府代表団を率いて開幕式に出席する。これとは別に朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長も五輪期間に栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長の招待で訪中して開幕式に出席する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP