주요 기사 바로가기

KOSPI、2日連続2%近く下落…2740ポイントも崩壊

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.25 11:27
0
25日の韓国総合株価指数(KOSPI)は3営業日連続の下落となり指数は前営業日より53.36ポイント(1.91%)安の2738.64で取引中だ。

前日13カ月ぶりに2800ポイントを割り込んだKOSPIは5.59ポイント下落の2786.41で取引を開始し、午前10時1分基準2730ポイント台で推移している。特に小型株に比べ中大型株が振るわず、公募価格基準で時価総額70兆ウォンに達するLGエネルギーソリューションの需給負担もまた指数を引き下げるとみられる。

有価証券市場で外国人投資家が2054億ウォン、機関投資家が233億ウォンを売り越して指数を押し下げている。これに対し個人投資家は2179億ウォンを買い越している。

24日のニューヨーク証券市場は米連邦準備制度理事会(FRB)の緊縮懸念とウクライナ発の地政学的リスクが高まったことから急落したが終盤になり急反騰するジェットコースター市場を演出した。

ダウ平均は昼ごろ3.25%まで落ちたが午後に反騰して0.29%上がった3万4364.50で取引を終えた。取引時間中に3.99%まで急落したS&P500も0.28%上がった。ハイテク株中心のナスダック指数は4.90%急落した後反発買いの流入で0.63%上昇した。

サムスン電子が1.20%、SKハイニックスが0.42%、ネイバーが0.61%、サムスンバイオロジックスが1.36%、LG化学が2.68%、サムスンSDIが2.64%、現代自動車が1.52%、カカオが0.22%、起亜が1.52%下落するなど時価総額上位10銘柄はいずれも値を下げている。

業種別でも金融業が1.80%、化学が1.78%、銀行が1.70%、医薬品が1.35%、非金属鉱物が1.33%など、ほとんどが下がっている。

同じ時間のKOSDAQ指数は前日より8.43ポイント(0.92%)安の906.97を示している。

指数は前日より5.55ポイント(0.61%)上がった920.95で出発したが下落に転じた。

KOSDAQ市場で外国人投資家が383億ウォンを売り越しており、個人投資家は325億ウォン、機関投資家は53億ウォンを買い越している。

時価総額上位銘柄のうちセルトリオンヘルスケアが2.50%、パールアビスが1.52%、HLBが0.61%、シージェンが1.59%など下落する中、エコプロBMは3.45%、カカオゲームズは1.29%、ウィメイドは1.71%上がっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP