주요 기사 바로가기

韓国大統領選支持率、李在明氏36%・尹錫悦氏26%…急上昇傾向を見せる安哲秀氏15%突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.07 14:22
0
次期大統領選候補の多者対決構図で国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補の支持率が共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補と10%ポイントの格差を見せて大幅に下落した。

韓国ギャラップが4~6日、大統領候補支持率を調査した結果、李氏は36%、尹氏は26%の支持率を見せた。

最近、急上昇している国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補は支持率15%となり今回の大統領選局面で実施された支持率世論調査の中で最高を記録した。正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補は5%、新しい波の金東ヨン(キム・ドンヨン)候補は3%となった。

3週前に比べると尹氏の支持率は9%ポイント、安氏は10%ポイント上昇して騰落幅が目立ち、李氏と沈氏は大きな変化がなかった。

特に、尹氏の支持率下落は保守派の回答者で明らかだった。保守階層の尹氏への支持率は66%から49%に17%ポイント下落した。反面、安氏は保守層(4→17%)や中道層(7→22%)で支持率が上昇した。国民の力を支持する回答者が安氏を支持すると明らかにした比率も3%から14%に急増した。

各候補の好感度を調べた調査では安氏が38%で最も高かった。李氏は36%、尹氏は25%、沈氏は30%を記録した。非好感度は50%台を記録した他の3人の候補に比べて尹氏が68%と最も高かった。

大統領選択の基準を尋ねたところ、▼能力・経験30%▼政策公約24%▼道徳性19%▼疎通・和合15%▼所属政党5%の順だった。年齢別で20・30代は政策公約、40・50代は能力・経験を最も重視した。

今回の調査は全国満18歳以上の男女1002人を対象に実施された。標本誤差は95%信頼水準に±3.1%ポイントだ。詳しい事項は中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領選支持率、李在明氏36%・尹錫悦氏26%…急上昇傾向を見せる安哲秀氏15%突破

    2022.01.07 14:22
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党大統領選候補の李在明氏、国民の力大統領選候補の尹錫悦氏、国民の党大統領選候補の安哲秀氏(左から)。[写真 国会写真記者団]
    TOP