주요 기사 바로가기

LCCは赤字が売上を超過…大型航空会社は営業利益1兆ウォン?=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.06 10:23
0
韓国では格安航空会社(LCC)と大型航空会社間で営業利益の格差が広がっている。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が2年近く続きながらだ。格安航空会社の中には営業損失が売上を越えて資本拡充で一日一日を耐えているところもあることが明らかになった。反面、世界サプライチェーン(供給網)危機で貨物の需要が殺到した大韓航空など大型航空会社は昨年営業利益1兆ウォンに近い。

格安航空会社では営業損失金額が増えている。航空業界では昨年10-12月期、韓国政府のウィズコロナ宣言で航空需要の増加を期待していたが、オミクロン株の拡散で期待は原点に戻った。昨年10-12月期に各社が出した四半期別報告書によると、1~9月期の累積基準で営業損失が売上を越えた格安航空会社は2社だ。国内1位のチェジュ航空は7-9月期まで売上1851億ウォン(約179億円)を計上したが営業損失は2498億ウォンだった。航空旅客数の減少に加えて原油価格と為替レートの上昇で営業外の損失が拡大したためだ。エアプサンも昨年1~9月期累積基準で売上1195億ウォンを計上したが、営業損失はこれよりも多い1479億ウォンを記録した。

ジンエアーとティーウェイ航空は営業利益赤字幅が売上を越えなかったが黒字達成に失敗した。昨年10-12月期の航空会社実績が大きく改善されなかったことから、昨年1年間の実績は7-9月期の実績から大きな変化はないものとみられる。

格安航空会社は一日一日を何とか耐えている。各社が保有した現金および現金性資産は売上規模を下回っている。7-9月期末を基準として現金および現金性資産2472億ウォンを保有したエアプサンを除くと、チェジュ航空・ジンエアー・ティーウェイ航空は保有している現金および現金性資産が売上より少ない。

格安航空会社は今年も基幹産業安定資金と資本拡充で緊急資金を輸血する予定だ。現金および現金性資産が754億ウォン(2021年3分期末基準)にすぎないチェジュ航空は今年基幹産業安定資金1500億ウォンの支援を受けた。これに先立ちチェジュ航空は昨年1900億ウォンの基幹産業安定資金の支援を受けたことがある。ジンエアーも昨年11月有償増資を通じて1238億ウォンの資金を確保した。

大型航空会社は状況が正反対だ。昨年1~9月期累積基準で6兆1093億ウォンの売り上げをあげた大韓航空は7-9月期まで7142億ウォンの営業利益黒字となった。昨年7-9月期だけにフォーカスしてみると営業利益は4202億ウォンで歴代2番目を記録した。市場では昨年大韓航空の営業利益が1兆ウォンを越えるだろうという見通しも出ている。新型コロナ直前まで赤字によって路線調整など収益性の改善に出たアシアナ航空は昨年7-9月期までに2兆8952億ウォン(累積基準)の売上を記録した。同じ期間の営業損失は250億ウォンにとどまった。

大型航空会社は増加した貨物需要に笑顔が止まらない。ここにグローバル貨物運賃指数が上昇して大型航空会社の収益を押し上げている。韓国投資証券のチェ・ゴウン研究員は「7-9月期の航空市場は両極化が一層目立った」とし「貨物だけでなく旅客でも2大国籍社が格安航空会社よりもよかった」と話した。

未来アセット証券のリュ・ジェヒョン研究員は「検疫政策の違いでアジアの路線は(実績を)回復できず国内航空会社間の差別化が深まっている」とし「航空業界には航空貨物が依然と唯一の生存のキーとして作用している」と分析した。国際線のうちアジア路線に注力している格安航空会社の実績打撃が相対的に大きくなってしまうということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LCCは赤字が売上を超過…大型航空会社は営業利益1兆ウォン?=韓国

    2022.01.06 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    大韓航空
    TOP