주요 기사 바로가기

韓国内オミクロン株感染者1207人、デルタ株より感染速度2.5倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.03 08:28
0
韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新しい変異株であるオミクロン株が広がっている。現在の国内優勢株であるデルタ株より2.5倍早く広がっており、早ければ今月、遅くとも翌月中にはオミクロン株がデルタ株を抜いて優勢株になるだろうという見方が出ている。オミクロン株は感染力は速いが、毒性は弱いと知らされてオミクロン株がデルタ株を代えれば重患者、死亡者が減るという楽観論が提起されている。

中央防疫対策本部によると、2日0時を基準に韓国内のオミクロン株感染者93人がさらに確認され、累積感染者数が1207人になった。累積オミクロン株感染者は前日(1日)1000人を上回った。現在の優勢株であるデルタ株は最初の確認(昨年4月22日)以来78日が過ぎた7月9日(1087人)に累積感染者が1000人を超えたが、オミクロン株がデルタ株より2.5倍程早く拡大している。

国内外の専門家らはオミクロン株がデルタ株より感染力が強いが、毒性は弱いと推定している。米国セントルイス・ワシントン大学、東京大学など国際共同研究チームがネズミとハムスターを利用して新型コロナ研究を進めた結果、オミクロン株は鼻や首など上気道では他の変異株より早く増殖するが、肺には損傷をそれほど与えないことが明らかになった。

他の変異株に比べて死亡率も低いと分析されている。すでにオミクロン株が優勢株になった英国の場合、最近1週間(昨年12月20~26日)100万人当たり感染者が8853人に達したが、死亡者は100万人当たり9.5人にとどまった。同じ期間、韓国の100万人当たり感染者数は826人、死亡者数は10.2人に達することに比べると、対感染者比死亡者数が10分の1水準だ。

防疫当局はオミクロン株がデルタ株を代えるものとみて防疫体系を変えるという計画だ。病床稼動率、変異株など流行状況、3回目接種など予防接種率を総合的に評価して新しい距離の確保(ソーシャルディスタンス)の計画を立てることにした。

韓国内の専門家らはオミクロン株の毒性が弱いといっても、さらに広がる前に感染者の治療計画をまとめる必要があると口をそろえる。

梨大木洞病院呼吸器内科のチョン・ウンミ教授は「オミクロン株が優勢株になれば、重症化率が落ちて死亡者発生率も減らす可能性があると考える」と話した。チョン教授は「ただし、一度にあまりにも多い人が感染すれば、免疫が弱い人々が多く重症になる恐れがある」とした。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科の金宇柱(キム・ウジュ)は「オミクロン株が1月優勢株になれば今後2カ月間患者が非常に増えるしかないが、それに備える必要がある」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国内オミクロン株感染者1207人、デルタ株より感染速度2.5倍

    2022.01.03 08:28
    뉴스 메뉴 보기
    26日に大田市の選別検査所で医療陣が訪問した市民をあわただしく検査している。キム・ソンテ
    TOP