주요 기사 바로가기

朴槿恵前大統領釈放…韓国与野党、保守統合か分裂か神経尖らす

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.02 13:21
0
先月31日に釈放された朴槿恵(パク・クネ)前大統領の今後の動きに政界が神経を尖らせている。何より与野党の計算と見方が異なる。国政介入事件捜査の当事者だった元検事総長が野党の大統領候補になっている逆説的状況のためだ。

野党「国民の力」は朴前大統領が尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補に力を与え結果的に保守陣営の統合につながるビジョンを描いている。これに対し与党は保守分裂の可能性に対する期待感を隠さないでいる。「閉じ込めた者」(尹候補)と「解放した者」(文在寅大統領)の二分法も印象づけている。これと関連し、朴前大統領側のユ・ヨンハ弁護士はこの日放送インタビューで「病院から退院する日に朴前大統領が直接肉声で国民にしたい話をするだろう」と予告した。

朴前大統領の政治的基盤に当たる「国民の力」は表向きは淡々とした様子だ。公式な反応も朴前大統領の赦免が決定された先月24日に「赦免を歓迎する。国民大統合に向けさらに努力したい」というイ・ヤンス首席報道官の論評がすべてだ。だが本心は複雑だ。特に朴前大統領が収監中に支持者らとやりとりした手紙をまとめた書簡集が出版されてからはさらにそうだ。

朴前大統領はこの本で尹候補のチョ・グク元法務部長官の捜査に対し「自分が歩いてきた足跡に対しては彼自身が最もよくわかっているでしょう。嘘が人々を、それも一部の人をしばしだますことはできてもすべての人を永遠にだますことはできない」と明らかにした。本には「だれかのために利権を与える、そんな醜いことはしたことがない」「至らなかったかもしれないが、腐敗と汚れが染みついた人生ではなかった」として国政介入事件捜査や弾劾に対し抗弁した部分も多い。

2017年10月の国政介入事件の裁判中に追加で拘束令状が発給された時は「決められた結論に向けた要式行為」という考えからその後の裁判を拒否したと振り返ったりもした。特にこの部分をめぐって一部では「当時ソウル中央地検長だった尹候補を狙ったものではないのか」との解釈も出ている。これに対し尹候補は「公職者の身分で法を執行した部分があるがいまは政治家だ。政治家として国のために大きく寄与した方々に対する評価と国民統合などを考える立場。朴前大統領の速やかな回復を祈る」と話した。

尹候補側には今後朴前大統領との関係設定と関連し慎重ながらも楽観する雰囲気がなくはない。選対委核心関係者は「結局政権交代が大義であるだけに政治的地位回復に向けても尹候補を直接批判するメッセージを出したりはしないだろう」と予想する。朴前大統領が尹候補に批判的立場を取る場合、過去の自身の政治的基盤全体を敵に回すことになりかねないだけにそのような選択はしないだろうという期待だ。だがこれは「ウリ共和党」など朴前大統領を支持し続けてきた人たちの間で「朴前大統領の心情が穏やかなはずがない」「尹候補が花束を送っても受け取らないだろう」という話が出ているのとはかなり温度差がある。

これと関連し与党では野党圏の内部分裂の可能性を提起する人が多い。朴前大統領の政治的故郷である大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)地域で保守が分裂する場合、故郷が慶尚北道安東(アンドン)である「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補が相対的に善戦するという期待感も少なくない。民主党高位関係者は「朴前大統領がたとえ政治的に意味あるメッセージを出したとしても尹候補に得することはないだろう。書簡集でも尹候補周辺の人物に物足りなさを表わさなかったか」と話した。弾劾に肯定的だった権性東(クォン・ソンドン)、張済元(チャン・ジェウォン)議員を批判する支持者の手紙に「嘘でだまし扇動した者はだれでも代価を払うだろう」と答えたのをめぐってだ。

民主党の首都圏重鎮議員は「朴前大統領が保守陣営で過去の地位を取り戻したくても尹候補のためできないだろう。親朴支持層の一部は当初から尹候補を好ましくないとしていた」と診断した。秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官もこの日ラジオインタビューで「朴前大統領の赦免を歓迎する」という尹候補の発言に対し、「朴前大統領側から見るととても二重的だと考えないか。本人を拘束した人の二重性は信頼できないものでどんな話をしても虚言だと考えるだろう」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴槿恵前大統領釈放…韓国与野党、保守統合か分裂か神経尖らす

    2022.01.02 13:21
    뉴스 메뉴 보기
    30日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の赦免の瞬間(31日0時)を待つ支持者。朴前大統領が入院中のサムスンソウル病院の近くでウリ共和党は記者会見を行った。 チェ・ヘソン記者
    TOP