주요 기사 바로가기

朴槿恵前大統領の『獄中書信』と『グッバイ、李在明!』、ベストセラー2冊に与野党が緊張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.30 10:41
0
1/2
『恋しさは誰でも生まれるものではありません』
残り70日となった大統領選挙の舞台に2冊の本が登場した。31日に出所する朴槿恵(パク・クネ)前大統領の獄中書信を集めた『恋しさは誰でも生まれるものではありません』と、与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補と実兄・故李在善(イ・ジェソン)氏の葛藤を扱った『グッバイ、李在明!』だ。

オンライン書店ベストセラー集計で共に上位圏に入っている。最大野党・国民の力は朴前大統領の獄中書信が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補にどんな影響を及ぼすかを見守っていて、民主党は李候補関連本に対する販売禁止仮処分申請をした状況だ。

『恋しさは誰でも生まれるものではありません』は、朴前大統領が収監中の4年間に支持者と交わした手紙を綴った本だ。朴前大統領の唯一の面会人として知られる柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士が手紙を選び、保守性向ユーチューブチャンネル「カロセロ研究所」を通して来年1月3日から一般人に販売される。

朴前大統領は序文で「信じていた周囲の人たちの逸脱で渾身の力でしたすべてのことが積弊という烙印を押され、黙々と職分を履行した公職者が苦難にあう姿を眺めるのは耐え難い苦痛だった」とし「何よりも政治を始めた当時から一緒にした人たちがすべての荷を私に負わせるのを見ながら人生のはかなさも感じた」と書いている。ただ、朴前大統領は「誰かを非難して恨む心も捨てたし、すべては自分が負うべきものだと考える」とした。

康容碩(カン・ヨンソク)弁護士がフェイスブックに一部公開した内容によると、朴前大統領は2019年に「『欺瞞の時代に真実を語ることは革命的な行為だ』というジョージ・オーウェルの言葉を思い出す。真実は遅く来るかもしれないが、必ず来ると信じる」という返信を支持者に送ったという。

2016年に特別検察官捜査チーム長を引き受けた尹候補への言及、特検チームの捜査が不当だという趣旨の話が取り上げられれば、尹候補としては負担になるかもしれない。「朴前大統領の今後の動きによっては大邱(テグ)などで支持率に影響が及ぶ」という見方も出ている。

『グッバイ、李在明!』は、李在明候補と兄・李在善氏の葛藤を扱った本で李候補を批判する内容が中心だ。著者の張永河(チャン・ヨンハ)弁護士は李候補の兄の夫人と記者から証言と資料を受けて本を書いたという。張弁護士は10月、李候補の「暴力団関連説」を提起した人物だ。

張弁護士は著書で「李在善を死に追い込んだのは李在明」「公正でないことをした人物が与党の大統領候補である我々の現実が惨めだ」と主張した。李候補が兄に送った暴言のメッセージも本で公開している。国民の力の李在明不正国民検証特別委員会の金鎮太(キム・ジンテ)委員長は28日、懇談会でこの本を手に持ちながら「必ず一度読んでほしい」と述べた。

民主党はすでに22日、ジウ出版を相手取り販売禁止仮処分申請をした。民主党は「この本は李候補に対して公職選挙法の『当選に影響を及ぼす目的で公然と事実を指摘して候補者やその配偶者らを誹謗すること』に該当する内容を含んでいる」と主張した。続いて「来年3月9日の大統領選挙が終わった後ならかまわないが、その前には大統領選挙に影響を及ぼすことが強く懸念される」とし「選挙まで残り70日余りとなった時点で、有権者に真実を十分に釈明する機会が不足した現実など回復しがたい損害が発生しかねない」と主張した。裁判所は来年1月12日まで双方の主張を提出させ、禁止するかどうかを決定する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP