주요 기사 바로가기

李在明候補、尹錫悦候補に向け「大統領夫人は公的な存在、息子は他人」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.30 09:46
0
韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候補が29日、党内選挙のライバルだった李洛淵(イ・ナギョン)前代表と「新福祉」公約を発表した。李候補はこの日、ソウル韓国社会保障情報院で「経済協力開発機構(OECD)30位圏の生活の質を任期内に15位レベルにまで引き上げる」と述べた。具体的な実行案の▼児童手当を任期内に満18歳まで拡大(現行満7歳まで給付)▼傷病手当(労働者の病気期間の賃金補填)導入ーーなどは、李前代表が党内選挙で提示した公約だ。

午前には京畿道南揚州市(ナムヤンジュシ)の牡丹公園墓地で行われた金槿泰(キム・グンテ)元開かれたウリ党議長の10周忌追悼式に出席した。李候補は「議長が実現させようとした世の中と、私、李在明が実現させようという世の中は全く変わらない」と述べた。「民主化運動の代父」金元議長を継承するという意思で86グループに近づいたという解釈が出ている。86グループに属するある民主党議員は「候補をしっかりとサポートしようという共感がグループ内に形成された」と伝えた。

李候補は過去の国民の党・民生党出身の湖南(ホナム)系の復党を通した党の外縁拡大にも拍車を加えている。民主党は30日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)民主党本部事務所で、千正培(チョン・ジョンベ)氏、柳成葉(ユ・ソンヨプ)氏、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)氏、鄭皓駿(チョン・ホジュン)氏ら元議員約10人の招聘式を開く。非文(非文在寅)性向の元議員らは2015-16年、親文陣営との対立の末、新政治民主連合(民主党の前身)を離党した。「離党者は公認時に25%減点」というペナルティー規定が障害物だったが、「大統領選挙寄与度に基づきペナルティー減免」という新しい方針が決まり、扉が開かれた。李候補はラジオ番組で「(復党予定者は)オールドボーイという評価がある」という質問に対し「『オールド』も必要で『ニュー』も必要で、みんな必要ではないだろうか」と答えた。

ただ、李候補は文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産政策については「失敗したのは明らかだ。大統領が謝罪をするほどだった」と述べた。「政策の差別化で政権審判論をある程度は緩和できる」(選対委の関係者)という計算がある。

李候補はこの日、新しいキャッチフレーズとスローガンも公開した。これまで使用していた「大韓民国大転換」「李在明はやります」の代わりに「前に、確実に」 「私のために、李在明」を掲げた。「未来に向かって進もうという候補のビジョン、国民一人一人に実益を与えることができる実用的な政府をつくるという候補の思いを込めた」と民主党は説明した。新しいスローガンはこの1カ月間に、キム・ヨンヒ「キム・ヨンヒcセンター」(広報疎通本部)センター長とチョン・チョル・メッセージ総括が協力して作った。キムセンター長は元MBC芸能プロデューサーで、チョン総括は文大統領の選挙キャッチフレーズ「人が先だ」を作ったコピーライター。

自身に対する野党の攻勢には積極的に対応した。李候補はこの日、ラジオ番組のインタビューで「金建希(キム・ゴンヒ)氏は国民の前に姿を現して謝罪したが、李候補の息子は姿を現したのかという主張がある」という司会者の質問に対し「大統領夫人は権限と支援が与えられる公的な存在だ。大統領の息子は成年であり、実際は他人」と話した。嘉泉大修士論文剽窃疑惑については「引用の表示をすべきだったがしなかった。それを認めて私の人生に必ずしも必要なものでもなく、過ちがあったので返納したが、学校側が取り消さなかった。『必要ないので、どうか取り消してほしい』と話しているところ」と釈明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李在明候補、尹錫悦候補に向け「大統領夫人は公的な存在、息子は他人」

    2021.12.30 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補(中)が29日、京畿道南揚州市の牡丹公園で行われた故金槿泰(キム・グンテ)元開かれたウリ党議長10周忌追悼行事で黙祷している。李候補はこの日、「議長が実現させようとした世の中と、私、李在明が実現させようという世の中は全く変わらない」と述べた。 [国会 写真記者団]
    TOP