주요 기사 바로가기

英国「オミクロン株、昨年のコロナと違う…入院3日で終わる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.30 07:12
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)がオミクロン株の拡散と重なり、エンデミック(土着化した周期的流行病)化するだろうという見通しが出ている。先月末、オミクロン株を初めて分離・確認した南アフリカ共和国だけでなく、すでに優勢株としての位置を確立した英国・米国でこれを裏付けるような初期観察結果が相次いで出てきながらだ。それでも専門家はオミクロン株がパンデミックを終息させる「贈り物」になりうるかどうかについては留保の立場を示した。

英国免疫学者でオックスフォード大学医学部教授のジョン・ベル氏(英国政府生命科学顧問)は28日(現地時間)、BBC放送に対して「オミクロン株による新型コロナは1年前に我々が見ていた新型コロナとは違うようだ」と述べた。ベル氏は「1年前には集中治療室が満室になり、多くの人が若くして死んでいくという恐ろしい場面を目撃した」とし「(英国の高い新型コロナ死亡率は)今や過去のものとなった」と主張した。

オミクロン株の拡散でここ数週間新型コロナ入院者が増加したものの、酸素飽和治療をしなければならない重症患者が減少し、平均入院期間も3日で終わるというのが根拠だ。ベル氏は「このような状況が持続するとみてもよい」と付け加えた。ジョージ・ユースティス英国環境相もこの日、「オミクロン株による入院程度を綿密に検討中で、南アフリカのように入院率が低く入院期間も(デルタ株のときより)短いという初期データがある」とBBC放送で話した。

この日、南アフリカではオミクロン株への感染がデルタ株に対する中和力を強化し、結果的にオミクロン株がデルタ株を代替する可能性があるという研究結果が出た。アフリカ保健研究所(AHRI)カディジャ・カーン博士が率いる研究チームは、小規模グループの研究でオミクロン株感染2週間後デルタ株に対する中和力が4倍に強まったことを確認したと明らかにした。オミクロン株への感染時、再感染を遮断する抗体の能力も14倍増加した。ただしこれは小規模研究でピアレビュー(査読)などを経ていないものだとCNBCなどは伝えた。

米国USAトゥデイも同日、ジョンズ・ホプキンス大学の南アフリカのデータ分析に基づいて「オミクロン株に関する2つの良い便りがある」と伝えた。一つはオミクロン株の流行が長続きしない可能性があること、もう一つは健康な免疫体系を持ったワクチン接種者はオミクロン株に感染しても大きく心配する必要はないということだ。

このような研究結果とは別に、オミクロン株が拡散中の米国と欧州各国では新型コロナ感染者数が過去の最高値を更新している。

英国は28日、12万9000人余りの感染者が報告されて一日最多を記録した。この日、フランス保健省はこの24時間で17万9000人余りが新たに新型コロナの陽性診断を受けたと明らかにした。これまで最高記録だった今月25日(10万人余り)に比べて7万人以上も増加した。イタリアもこの日基準で一日の新規感染者数が7万8000人余りで歴代最高値を記録した。新規死亡者数も202人で、今年5月以降7カ月ぶりに200人ラインを超えた。

米国疾病対策センター(CDC)の資料によると、この日一日あたりの新規感染者が44万人で歴代最多を記録した。ジョンズ・ホプキンス大学のデータでも最近7日間の一日平均新規感染者はパンデミック以降最高値である25万4000人余りと集計された。米国では新型コロナが拡散して子どもへの感染ケースが増えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    英国「オミクロン株、昨年のコロナと違う…入院3日で終わる」

    2021.12.30 07:12
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株
    TOP