주요 기사 바로가기

「オミクロン株の入院率、他の変異株より80%低い…デルタ株より低い致死率」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.23 09:18
0
新たに確認された新型コロナウイルス変異株のオミクロン株が以前に確認された変異株より危険性が低いかもしれないとの研究結果が出た。

ロイター通信などが22日に伝えたところによると、南アフリカ国立感染症研究所(NICD)は10~11月に新型コロナウイルス感染者を分析・研究した結果、オミクロン株感染者の入院率が他の変異株に感染した人より80%ほど低いことがわかった。この期間にオミクロン株に感染して入院した人たちの病状が重症に進む確率も4~11月にデルタ株で入院した人たちより70%ほど低かった。ただこの研究結果はまだ医療界の検証を経たり医療学術誌に掲載されたものではない。

NICDのシェリル・コーエン教授は今回の研究について「オミクロン株の深刻性が他の変異株に比べて低いということを示す肯定的な可能性」と評価した。その上で最近南アフリカのオミクロン株感染者の入院・死亡率は以前より低いとし、「これはオミクロン株の致死率が他の変異株より低いという主張を裏付けられる」と付け加えた。

ただ以前の変異株に対する感染率が高い南部アフリカで行われた今回の研究結果を性急に一般化するべきではないと但し書きを付けた。コーエン教授は「南アフリカ国民の60~70%が新型コロナウイルスに感染した経験がある。ワクチン接種率は高いが、感染水準が低い国でもオミクロン株の症状が弱いかはわからない」とした。

今回のNICDの研究について感染症専門家であるイーストアングリア大学のポール・ハンター教授は「オミクロン株とデルタ株の危険性を初めて体系的に分析し重要な意味がある」と評価した。続けて「デルタ株との重症進行率比較は別の時期に行われておりオミクロン株の危険性を性急に断定することはできない」としながらも、オミクロン株の感染拡大にともなう医療体系への負担を予測するのに役立つだろうと予想した。

一方、南アフリカではデルタ株が主導した7月初めの第3波から5カ月で第4波が進行している。11月末にオミクロン株の存在が確認されてから今月初めの1日当たり新規感染者数は1万人台を記録してきた。9日に2万8868人でピークに達してから多少減り最近では5000人台で推移している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「オミクロン株の入院率、他の変異株より80%低い…デルタ株より低い致死率」

    2021.12.23 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス変異株のオミクロン株
    TOP