주요 기사 바로가기

予想外のワクチン効果急減…「日常回復45日」で感染者4倍、死亡5倍に=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.20 09:14
0
新型コロナ事態に入ってから2年ぶりに取り戻した日常生活がストップした。韓国政府は11月1日に第一歩を踏み出した段階的な日常回復(ウィズコロナ)を中断し、当分は「社会的距離」を適用することにした。防疫緩和で感染者数が急増し、予想以上に重症者と死亡者が爆発的に増えたことを受け、「一時停止」を選択したのだ。

◆ワクチン接種率70%を盾に始まったウィズコロナ

先月1日、新しい防疫体系「段階的な日常回復(ウィズコロナ)」第1段階が始まった。当時、ワクチン接種完了率は75%、1回目の接種率は80%に達した。高い接種率を盾に従来の「社会的距離」の代わりに防疫体系を転換したのだ。感染者の発生を抑える従来の防疫目標を、重症者・死亡者を最少化する方向に変えた。

当時、政府は「新型コロナ長期化による自営業者の被害累積、社会的な二極化など経済・社会全般の危機を克服していくことができる段階的な日常回復が必要だという認識に基づき、官民合同支援委員会を中心に経済・社会的支援、防疫・医療対応など分野別に専門家への政策諮問および国民の意見聴取を通して、日常回復を推進していくことにした」と明らかにした。

日常回復は3段階で進行される予定だった。ひとまず11月末までの4週間は第1段階を推進し、予防接種完了率、医療体系の余力および重症者・死亡者発生、流行規模など推移を眺めながら第2段階への転換を検討することにした。第1段階ではワクチン接種に関係なく首都圏では10人、非首都圏では12人まで私的な集まりが可能になった。ただ、飲食店では未接種者を最大4人までとした。防疫パス(接種証明・陰性確認制)は試験期間を置いて大衆利用施設に適用し、2次改編から解除する計画だった。

遊興施設(24時まで)を除いてカラオケボックスや室内体育、入浴場業などすべての大衆利用施設は時間制限なく営業できるようにした。すべての感染者は在宅治療を基本とした。しかし導入前からウィズコロナに防疫措置を緩和すれば初期感染者が急激に増えるが、それに対応する医療体系の準備が不足しているという指摘が続いた。

◆3カ月で半分以下に落ちたワクチン効果

韓国のウィズコロナはワクチン効果の低下という伏兵にあった。他のワクチンと同じく新型コロナワクチンの効果も時間が経過するにつれて低下するとみていたが、その時期が予想以上に早かった。高い接種率が色あせるように突破型感染が増えた。特に高齢層は同じワクチンを接種しても形成される免疫力の強度や持続力が若者に比べて落ちる。さらに60-74歳が接種したアストラゼネカ製ワクチンの効果半減期が短い点が問題になった。ウィズコロナ初期から感染病専門家らはこの点を指摘していた。「5月以前に接種した高齢層は免疫力低下(immunity waning)で防御効果が50%以下に落ちた可能性が高い。英国の分析によると、60-74歳が接種したアストラゼネカ製ワクチンの場合、2回目の接種をしても防御効果が60%程度であり、時間が経過すれば抗体が20-30%程度に減る」(金宇柱高麗大九老病院感染内科教授)。国立保健研究院の分析によると、アストラゼネカ製ワクチンの中和抗体(ウイルスを無力化する抗体)数値は接種から3カ月後に半分以下に大きく落ちた。政府は10日、高齢層のブースターショット(追加接種)接種期間を3カ月に短縮した。 予想外のワクチン効果急減…「日常回復45日」で感染者4倍、死亡5倍に=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    予想外のワクチン効果急減…「日常回復45日」で感染者4倍、死亡5倍に=韓国(1)

    2021.12.20 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    大田(テジョン)中区の保健所選別診療所で16日、市民が新型コロナ検査を受けるために並んでいる。
    TOP