주요 기사 바로가기

【噴水台】ファクターX

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.16 10:49
0
今年8月でさえ日本は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大で頭を痛めていた。一日の感染者が2万人を行き来し、東京オリンピック(五輪)をまともに開催できるか大きな懸念を抱えていた。だが、いま雰囲気は完全に変わった。日本政府の公式発表の通りなら、一日感染者が100人前後へと激減した。オミクロン株で全世界が再びコロナ拡大に緊張している状況で、とても不思議で珍しい事例として挙げるには十分だ。

日本国内では感染者減少の背景をめぐり「ファクターX」議論が真っ最中だ。他の国と区別される、日本だけの特別な要因(ファクターX)があるというのだ。ファクターXという言葉は2012年ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥教授(京都大)が昨年から初めて使い始めた。「日本国内の感染者数が少ない理由には、日本人だけの特別な遺伝的要因があるからかもしれない」と主張しながらだ。山中教授は幹細胞研究の世界的権威だが、当時、主張の根拠を別途提示していなかった。

ところが最近、日本の研究者とメディアがさまざまな仮説を唱え始めた。今月10日、文部科学省傘下の理化学研究所は日本人の6割が持っている白血球抗原タイプ(HLA-A24)がコロナ重症化を予防することができるという研究結果を発表した。一部のメディアは家で靴を脱ぐ文化と高い結核予防接種(BCG)率、低い肥満度などを日本だけのファクターXの候補に挙げたりもした。

ファクターXの研究が十分に進めば実体が明らかになるかもしれないが、まだ仮説の域を出ないというのが大半の意見だ。たとえば靴を脱ぐ文化や高いBCG接種率がコロナ感染予防に効果があるという見解は、同じような環境の韓国でのコロナ拡大を十分に説明することができない。大多数の日本メディアも「ファクターXに関してさまざまな議論が進められている」としながら「まだどれもはっきりとしていない」と紹介する。

持って生まれた遺伝形質や長年の生活習慣がコロナを食い止めてくれるならどれほど良いだろうか。韓国の現実でそのような希望回路を提示することは何の肥やしにもならなさそうだ。連日感染者が7000人前後報告されて拡大がなかなか落ち着こうとしない。このような状況で我々が頼るべきは、強すぎず弱すぎない、徹底的に科学に基づいた防疫だけだ。K防疫の自画自賛から抜け出して、政治防疫との「距離確保」を実施するべきだ。それが韓国のファクターXを作る道ではないか。

チャン・ジュヨン/ナショナルチーム記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP