주요 기사 바로가기

【コラム】線を引く国、大韓民国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.13 16:16
0
友人A(30)は9月に大きな手術を受けた。8時間も心臓を停止させて手術を受けたため、心臓と肺の機能が落ち、ワクチン接種はあきらめた。Aは手術前に誰よりも早くヤンセン製ワクチンを接種したが、追加接種はできず未接種者の身分になった。「ワクチンパスのために不便ではないか」と心配すると、「それよりもワクチンを接種しなかったと非難する視線がつらい」と答えた。Aは手術を受けて以降、外食をしないなど自発的距離を守っている。しかし感染者が急増すると、一部の接種者はAを恨む。

12日基準の接種完了率は81.2%だ。81%と19%の戦いに金富謙(キム・ブギョム)首相が火をつけた。先週の懇談会で「政府が促しても一度も接種をしてない人が800万-900万人にのぼる。こうした方々がいる限り戦いは終わらない」という発言をしながらだ。新型コロナとの戦いはいつからか接種者と未接種者の間のものに変わった。葛藤が深まり、オンライン上では「接種者もどうせ自分が感染したくないから接種したのではないのか。なぜワクチンパスの恩恵を与えるのか」という未接種者の激しい言葉も登場する。

最近、我々の社会には線がよく堂々と引かれる。2%と98%に分かれた総合不動産税をめぐる論争も同じだ。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は先月、「国民の98%は総合不動産税と関係がない」と述べた。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官も「わが国の98%は総合不動産税が該当しない。告知書を受けない」などと似た発言をした。

生まれたばかりの赤ちゃんまですべて含めて2%というのと、住宅保有者のうち2%を大きく超えるという事実は後日の問題だ。すでに「2%」は刻印された。「ジェネシスG70自動車税約50万ウォン(約4万8000円)、25億ウォン以下の住宅1件所有者の総合不動産税50万ウォンが爆弾か」(チョ・グク元法務長官)、「ソナタ2000cc自動車税が52万ウォン」(宋永吉共に民主党代表)などの発言が加わった。簡単に言うと、自動車税と似た水準だから「ごたごた言うな」ということだ。「2%は国民ではないのか」という鬱憤には理由がある。

88%と12%に分けられた災難支援金、性別、世代の間にまで線が引かれる。与野党を問わず大統領選候補が発する「20代男性」に向けた求愛の言葉は、男性と女性の間の線を太く塗った。青年層の票が重要だという判断からか、政界の表現を聞けば20代と40代の間にも線が引かれるようだ。

キンズバーグ元米最高裁判事は『ルース・ベイダー・ギンズバーグ 』で「エ・プルリブス・ウヌム」を米国の精神だといった。米国の硬貨に刻まれたラテン語で「多数から一つへ」という意味だが、彼女はこれを「違いを容認し、さらに一歩進んで認めながら、最後まで力を合わせること」と説明する。わが国には過度な期待だろうか。大統領選挙を控えた今、仕切りを消す為政者の「太く大きな線」を望むだけだ。

チョン・チンホ/経済政策チーム記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP