주요 기사 바로가기

「英国オミクロン株感染、3日ごとに倍増」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 07:37
0
英国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新型変異株であるオミクロン株が急速に拡大し、一日あたりの感染者が1000人を超えた可能性があるという科学者の推定が公開された。サジド・ジャヴィド保健相は6日(現地時間)、「オミクロン株の地域社会伝播がすでに始まっている」とし、追加的な防疫措置強化の必要性を強調した。

この日、英日刊紙ガーディアンは「保健専門家がすでに各地でオミクロン株の地域感染が始まっていて、モニタリングシステムには限界があると指摘した」とし「オミクロン株感染者が政府の発表をはるかに上回っていると予想する」と報じた。現地保健当局によると、この日英国のオミクロン株感染者は前日比90人増の336人であることが分かった。

だが、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)遺伝子研究所のフランソワ・バロー教授はSky News(スカイニュース)に対して「オミクロン株は英国で速いスピードで伝播していて、感染者は3~4日ごとに倍増している」とし「すでに一日1000人の感染者が発生している可能性がある」と述べた。バロー教授は「(1000人は)正確な数値ではないが、おそらく予測と実際は大きく異ならないと思う」としながら「オミクロン株感染者が比較的軽症を示すといっても、多くの患者が入院すれば、またたく間に国民健康保健サービス(NHS)を圧迫するだろう」と警告した。7月、世界に先駆けて「段階的日常回復(ウィズコロナ)」政策を導入した英国は、オミクロン株の急増を受けて追加防疫措置導入を議論している。

米国ニューヨーク市は自国で最も厳格なワクチン義務化措置を今月に導入することにしたとAP通信などが6日、報じた。この日、ビル・デブラシオ市長は「ニューヨーク市のすべての民間企業で働く勤労者は、今月末から会社の規模に関係なくコロナワクチンを打たなければならない」と発表した。新しい規定は今月27日から適用され、対象企業は18万4000カ所に達するとものとみられる。15日に発表する細部履行案で執行方式や処罰水準などを公開する。

デブラシオ市長は「先月ニューヨーク市感染率は倍増し、オミクロン株の拡大はこれを悪化させかねない」とし「市は新型コロナの追加拡大を果敢に遮断するために『先制攻撃』に出ることにした」とその背景を説明した。現在までのところ米国での新型コロナ優勢種はデルタ株だが、オミクロン株は発見から1週間で17州に広がるなど拡大の勢いが尋常ではない。先月、次期ニューヨーク市長に当選して来月就任するエリック・アダムス元上院議員(民主党)は「科学・健康専門家の助言をベースに、新型コロナ政策やその他戦略を評価する」という立場を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「英国オミクロン株感染、3日ごとに倍増」

    2021.12.08 07:37
    뉴스 메뉴 보기
    最近13カ国でデルタ株より感染力が強いオミクロン株が登場した11月29日午前、仁川国際空港第1旅客ターミナルを通じてフランクフルトとハバロフスクからの旅客機を利用した乗客が入国している。[写真 空港写真記者団]
    TOP