주요 기사 바로가기

韓国、オミクロン株で初の集団感染…仁川の大型教会、800人を追跡管理

ⓒ 中央日報日本語版2021.12.03 16:03
0
韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新たな変異株「オミクロン株」の集団感染(クラスター)が初めて発生したものと推定される。韓国オミクロン株感染者第1号であるAさん夫婦とその知人が通う仁川弥鄒忽区(インチョン・ミチュホルグ)の教会で追加感染者が発生した。Aさん夫婦の知人や家族らと一緒に礼拝に参加した人々だ。防疫当局は彼らもオミクロン株感染者だとみている。該当の礼拝出席者など追跡管理対象が800人余りに増えた。

3日、中央防疫対策本部によると、この日0時基準の国内オミクロン株関連感染者は13人に増えた。このうち6人はウイルス全ゲノムシークエンス解析でオミクロン株であることが確認され、残りの7人は疫学的な関連があってオミクロン株への感染が疑われている。前日から5人増えた。13人中接種完了者は2人だけだ。残りは不完全接種・未接種者だ。ナイジェリアを訪問したAさん夫婦を空港で接触した4人目の患者とこの患者の接触者3人(5~7人目の患者)は11月28日午後1時、仁川弥鄒忽区にある教会の礼拝に参加していたことが分かった。

中央防疫対策本部疫学調査チームのパク・ヨンジュン・チーム長は「国内5~7人目のオミクロン株関連感染者は11月28日、仁川弥鄒忽区にある教会で宗教活動に参加したことが確認された」とし「この教会の宗教活動に参加して管理中の人々は411人で、教会関連の先制的管理対象者、(宗教活動への参加)時間は違うが包括管理中の対象が369人など合計800人余りを追跡管理している」と説明した。オミクロン株の感染力を考慮すると接触者の中から追加で感染者が発生する恐れがある。

パク・チーム長は「この教会で追加感染者が今後も出てくる可能性がある」とし「国内初めての地域社会集団感染事例とみることができる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP