주요 기사 바로가기

バイデン政権、在韓米軍の規模を維持…中国の南シナ海脅威には対抗(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.01 11:07
0
米国防総省は、韓半島有事の際、米国が核の傘と通常戦力を提供する「拡張抑止力(Extended Deterrence)」にも変化がないという点を再確認した。カーリン次官補は「近い同盟に対する私たちの拡張抑止は絶対的に重要だ」とし「いかなる変化についても話すことはない」と強調した。

また「私たちは北朝鮮の問題があり、無責任な行為について懸念している」とし「オースティン国防長官の訪韓期間に対話の主題になると予想する」と説明した。オースティン長官は来月2日にソウル国防部庁舎で開催される第53回韓米定例安全保障協議(SCM)に出席する。

米国防総省は今回のGPRが中国牽制に焦点を合わせている点を明確にした。カーリン次官補は「今回の検討は同盟国およびパートナー国との追加協力を通じて(インド太平洋)地域の安定に寄与し、中国の軍事的攻撃性(aggression)と北朝鮮の脅威を抑止することを進展させる」と述べた。米中間の葛藤が経済、安全保障、人権、台湾問題などに幅広く拡大する状況で、中国牽制軍事戦略をGPRに反映したことを隠さなかった。

その延長線上でバイデン政権はグアム・オーストラリアの米軍基地の飛行場およびその他インフラ施設の改善、太平洋島嶼地域のインフラ施設強化、オーストラリアへの循環空軍部隊配備などをGPRに盛り込んだ。これには、中国の南シナ海進出戦略などに対応しながら西太平洋で米国の優越性を維持しようという意図が込められている。

中国牽制のためのバイデン政権の次の動きは、この地域の同盟国およびパートナー国と対中共同戦線を構築することだ。韓国に対しても対中牽制を共にしようという要求がさらに強まると予想される。来年の大統領選挙を経て5月に次期政権が発足すれば、対中牽制体制のAUKUS(オーカス)とQUAD(クアッド)参加要求が本格化する可能性を排除できない。

実際、カート・キャンベル米国家安全保障会議(NSC)インド太平洋調整は先月、米平和研究所(USIP)が主催した対談で「AUKUSは開放型構造(open architecture)の一つ」とし「アジアと欧州の国が参加すると予想する」と述べた。米国防総省のカービー報道官はこの日の記者会見で「今回のSCMで中国、そして中国が域内に提起している挑戦に関する議論があると予想する」と説明した。

中国は直ちに反発した。中国外務省の趙立堅報道官は30日の定例記者会見で「米国が中国脅威論を浮き彫りにしながら軍備を増強し、軍事力を拡張することに反対する」とし「米国が仮想の敵を作る冷戦的な思考を捨てて、国際平和・安全を脅かすのをやめることを望む」と述べた。続いて「米軍側の検討結果の報告はインド太平洋の軍事化を端的に見せている」とし「これは米国が全力を尽くして中国を抑止、包囲しようとする真意をよく表している」と批判した。

バイデン政権、在韓米軍の規模を維持…中国の南シナ海脅威には対抗(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP