주요 기사 바로가기

中国「封鎖解けば感染者1日63万人」…ゼロコロナ政策継続か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 16:46
0
中国で西欧式の防疫政策である段階的な日常回復、いわゆる「ウィズコロナ」を選択する場合、1日63万件以上の大規模発病に直面するという研究結果が出た。新たな変異株のオミクロン株が襲った状況で中国政府の「ゼロコロナ政策」を継続すべきという主張を広げるためとみられる。

ブルームバーグが28日に伝えたところによると、中国疾病管理予防センター(CCDC)は24日にこうした内容が盛り込まれた中国北京大学所属研究チームの研究結果を公開した。

研究チームは米国、英国、イスラエル、スペイン、フランスなど各国のパンデミック対応戦略を中国に適用する場合に予想される結果を統計モデリングで予測した。ここには人口数、人口密度、ワクチン接種率などを変数として代入した。

推定の結果、中国が封鎖を解除するなど米国の防疫政策を導入する場合、1日最大63万7155人の感染者が出ると確認された。重症患者も2万2364人に急増する。これは2020年初めに新型コロナウイルス発病初期にピークに達した時の2倍に達する数値だと研究チームは説明した。このほかフランスの防疫政策を導入する場合、1日の感染者数は45万4000人、イスラエル式では44万2000人、スペイン式では32万人、英国式では27万5000人に上ると予想された。

研究チームは「特定の西側国のアプローチ方式は『ワクチン接種を通じた集団免疫』仮説に全面的に依存する。われわれは当分『開放』戦略を受け入れる準備ができていないということを証明する結果」と付け加えた。

その上で「今年多くの国が過度に防疫解除に転換して被害を受けた」と指摘した。研究が進められた期間に中国の1日の感染者数は100人前後にとどまり、米国では15万人を記録した。

研究チームは「中国は(ウィズコロナを)まねてはならず、そのような余裕もない。医療システムと国に大きな災難を招くだろう」と警告した。ただ世界のワクチン接種率が高まり、治療法が出てくるタイミングで中国も防疫措置を解くことができるだろうと予想した。

ブルームバーグは今回の研究が世界で人口が最も多い国が「ゼロコロナ戦略」から抜け出すために直面した現実を表わしたと解説した。

中国は新型コロナウイルス感染者が発生すれば近隣地域をすべて封鎖する閉鎖的防疫政策を固守してきた。これは防疫を解いて日常に戻ろうとする世界のウィズコロナの動きに逆行する方式で世界の関心を集めた。

折しもオミクロン株の登場により世界が再び防疫強化に転じる兆しを見せると中国国内ではゼロコロナ政策が正しい選択だったとの評価が続いている。強力な統制のおかげでオミクロン株など新たな変異株の感染拡大を防げることになったという主張だ。

この日のフィナンシャル・タイムズによると、中国の防疫英雄と呼ばれる復旦大学華山医院感染科の張文宏博士はウェイボーに「中国が選択した戦略のおかげで多様な変異株に速やかに対応できる」と投稿した。中国の代表的な呼吸器疾患専門家である中国工程院の鐘南山院士も記者らと会った席で「オミクロン株が中国に及ぼす影響の結論を出すには早い。常に注意して見守らなくてはならないが、中国は大きな措置をする必要はないだろう」と話したと同紙は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP