주요 기사 바로가기

「接触していないのに」…香港のホテルで向かい合った部屋に隔離の2人がオミクロン株に感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 07:18
0
新型コロナウイルスの新たな変異株のオミクロン株の感染拡大の懸念が深まる中、香港のホテルで廊下を挟んだ向かいの部屋で感染者が発生し強い感染力に対する警告が出ている。

28日の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストなどによると、香港当局は今月中旬に入国者隔離専用ホテルで相次いで2人の新型コロナウイルス感染者を確認した。

2人はホテルの廊下を挟んで向かい側の部屋で過ごしていたが直接的な接触はなかったという。

先に発見された患者は南アフリカからの入国者で、11日の香港到着時の検査では陰性となったが、2日後の追加検査で陽性判定を受けた。

2番目の感染者は62歳の中国人で10日にカナダから香港に到着して隔離された。この男性は18日の検査で陽性反応を見せた。

香港当局は最近アフリカでオミクロン株が見つかったことから2人の患者の遺伝子検査を香港大学に依頼し、その結果2人ともオミクロン株に感染していたことがわかった。

香港当局は2番目の患者が最初の患者から2次感染したものと推定している。

保健当局の調査によると、最初の患者は食べ物を受け取るなどの目的で訪問で部屋のドアをしばらく開けて外に出た時にバルブ型マスクを使っていた。廊下に浮遊していたオミクロン株が時間差でドアを開けて出てきた2番目の患者に感染した可能性がある。

また、2人の患者はいずれも新型コロナウイルスワクチンの接種を終えており、今回の感染事例はどちらもブレイクスルー感染であることがわかった。

これに対し専門家らは今回の感染事例がオミクロン株が強力な感染力を持っているという傍証だと懸念している。各国の保健専門家らは実際にオミクロン株の遺伝子的特性を分析した結果に基づいて強い感染性を警告した。オミクロン株はスパイク蛋白質に遺伝子変異32個を保有しており科学者は新たな変異株が既存のデルタ株より高い感染力を持っていると分析している。

オミクロン株はアフリカのボツワナで初めて発見され、南アフリカを経て欧州、イスラエルなどに広がっている。

一方、香港は今回のオミクロン感染事例を契機に27日午前0時から南アフリカなど8カ国からの入国を禁止した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「接触していないのに」…香港のホテルで向かい合った部屋に隔離の2人がオミクロン株に感染

    2021.11.29 07:18
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP